<   2010年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

中学校でのふれあい体験

わが町の唯一の中学校では、もう10数年前から、生徒と妊婦&あかちゃんとの触れ合い学習なるものがある。

実はこあっきぃが一歳未満だった頃、赤ちゃんの1人として参加する予定だった。

その頃から健康そのもので、あまり体調を崩さなかったこあっきぃが、よりにもよって前日に下痢をし、急遽欠席して結局その会には参加することができなかった。

そんなことをすっかり忘れていた先日、福祉課から電話があり、今度は妊婦として参加してほしいとの依頼があった。

ちょうど今の病院ではエコーの映像をビデオに録画しれくれるので、そのビデオを持参しましょうかと提案すると、大変喜んでいただいた。

さて、前日。
あろうことか、こあっきぃ嘔吐。。
ほんのコンマ5秒ほど前まで、お友達と唄いまくってゲラゲラ笑っていたのに!?

おなかの中のものをすべて吐いて8時前に眠ってしまったこあっきぃ。。すこしえづきながら…
熱が出てくる様子は結局その夜はなかった。

こりゃぁ、明日の触れ合い体験もまた欠席か?とやきもきしたけれど、翌日にはスッキリ目覚め、幼稚園に行くという。。

一応担任の先生には昨夜の様子をお帳面に記入して連絡。調子が悪くなれば早退やむなし…幼稚園に送りだし、なんとか触れ合い体験に参加することができた。


さて、触れ合い体験。
まず本日の趣旨や注意点などが体育館に集められた中学一年生の全員に告げられる。

フムフム。

私の今日の一番の目的だった昨今の中学生というものをマジマジと観察。
聞いてたよりは、別に普通の中学生じゃん。。という感想。まあ、こないだまで小学生だった1年生だもんね。

数人ふまじめな生徒はいるものの、まぁ、おぼこい、チューボーって感じである。

その後、妊婦として私ともう一名の方がマイクを持って簡単な自己紹介と、妊娠した時の気持ち、生活で変わったこと(身体の変化)、子供への気持ちなどを簡単に話す。

今ここで、いろんなことを話しても、彼らの心にどれだけ残るかはわからないし、きっとまだまだピンとはこないだろう、若さというものを謳歌していう彼らではあったが、私は自分の子宮外妊娠の体験を交えて、妊娠・出産が当たり前のようで、そうでない場合もあること、そうなった時に自分を責めないよう今から自分の身体を大事にして欲しいということを話した。

そしてエコーのビデオが上映されたり、胎児の心音を実際に聞いたり、疑似妊婦体験をしてもらったり…と1時限目は終了。

その後2時限を使って赤ちゃんとの触れ合い体験。
その場に同席して、エコー画像を見せたり、おなかに触らせてあげたり、質問に答えたり、楽しい時を過ごした。

幼稚園のママも数人参加していて、こっそり交流を深めたり(笑)、こあっきぃを取り上げてくれた助産婦さんとお話したり、アキーニョの同級生となる妊婦さんと知り合ったり、私にとってもとてもいい出会いの場となった。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-10-28 00:20 | 育児ライフ

いい調子

妊婦になると、なにかを緻密に調べてから書きあげるという作業がおっくうになり
勝手に書きなぐってしまうクセが…

イカンイカン。

間違いあったら、ご指摘どんどんクダサイ(他力)

さて


なんとかセッション用の楽譜が完成。

いい調子で最近は一日3時間ぐらい弾いています。

アキーニョは突然腹の皮一枚隔てたところから聞こえてくる大音響に

恐れをなしている

かもしれませぬ。


さて、

二胡だけでなく、ヴァイオリンなんかの弓も

押したり引いたりしながら弾くわけですが、一応ルールがあるわけです。

大抵は、最後は押すで終わるように弾きます。弓を出しっぱなしにして終わらないわけです。

そして大体は引くところからスタートするわけですが、たまぁに弓を出した状態から押すでスタートする場合もあります。

どこからどこまでの音を、ヒト弓で弾くのか
なーんてのを考えながら
譜面に書かれた押す、引くの記号を見ながら
間違えないように弾くのです。


結構大変でしょ?
[PR]

by kei_pmpark | 2010-10-23 00:15 | 二胡

苦手な譜面おこし

10月に入り、体調も戻り、安定期にも入って気力も戻ってきたので、二胡レッスンを再開していただきました。

前回の妊娠期間も季節柄はほぼ一緒なのですが、前回は仕事をしていた割には、レッスンにも通っていて、非常に元気だったと思います。今回は4カ月もレッスンを休んでいましたから。

これは年齢のせい今年の暑さのせいでしょうか。

お休み前から、非常に難解な曲にチャレンジしていましたが、またいつまで通えるかわからないのもあり、ちょっとその曲はお休みして、お友達のピアノと合わせようとしているバッハの「インベンション(13番:二胡では1=C)」をお願いしてみました。

マ・シャオフィ(馬暁暉)さんのCD「Petit Fleur」に収録されています。

現在そのCDの中から「セカンド・ワルツ」「マイ・ウェイ」の2曲と、チェン・ミンさんのCDより「風のくちづけ」をセッション中。

ピアノの素晴らしい演奏に負けないよう、練習を重ねています。


実はピアノ練習曲の本からコピーさせてもらった「インベンション」以外は譜面がない。

そして私は譜面起こしってのが出来ない!!!

しかしやらねば練習にならないってことで、必死にやってみました。
別のお友達に助けてもらったりして。。。

多分、間違って表記してるところもあるし、まだまだ完成してない譜面もあるけれど、なんとかできました。

はぁ。

譜面が読めないから、数字譜であった二胡にはとっつきやすかったのですが、ここへきてやはり譜面がよめない(正確にはリズムが取れない)ってことはかなりのハンデであることを実感。


私の場合はまず曲を聴いて、それを覚えて弾く・・・という感じなのです。

今後教えたりすることを想定してみても、それだけではやっぱりマズイ。。

これからちょっと特訓しなきゃ!!!


いつか弾きたい
現在ギブアップ中な曲はコレ

弾けるようになったら、カトチャン、伴奏してくれる??(笑)
[PR]

by kei_pmpark | 2010-10-20 22:08 | 二胡

んでもって、蓄膿

蓄膿治療に通い始めて2週間。
【蓄膿、蓄膿と言いますが、正確には「(急性・慢性)副鼻腔炎」と言います】

以前通っていたところと違い、今通っている耳鼻科は、非常に説明が明瞭で
薬も極力最低減で…というポリシーらしく、ダラダラ通って…というところがありません。

大体耳鼻科って、『いつまで通うのサ』という気持ちになるぐらい
ずーーーーーーーーーーーっと通っていたイメージだったので、非常にありがたい。

テキパキ流れていくから、通うのに少し遠くなったけれど、トータル通院時間(期間)を
考えても、待ち時間を考慮しても、十分メリットあり。

さて、蓄膿ですが、元々アレルギー性鼻炎だったこあっきぃなので、合併症状として起こりやすかったみたい。
んでもってパパも蓄膿気味なくらいの慢性鼻炎なので、そこんところも受け継いでいるかもしれない。

蓄膿って、昔は手術で治していたものらしく、しかもその手術は大層な感じで、激痛を伴うとか。
確かに以前手術されていた知人は、入院もしていたいし、体験談で大変だったと記憶している。

しかし現在では抗生物質も良く効くので、薬で完治とまではいかなくとも、まぁ抑えられるようになってきているらしい。

一度慢性副鼻腔炎になってしまったからには、しょうがない。
大きくなってきたら、パパのように、鼻水の感じが変わってきた・・・(=蓄膿っぽい)という症状のもと、手術しないで済むよう薬を飲みながら、お付き合いしていただこう。

子供の間は、レントゲンを撮ることでしか、ハッキリとはわからないかもしれないが、MRIを撮れたのだから、余裕のよっちゃんである。

余談だが、耳鼻科のネブライザー(通称:モクモク←我が家のみ)って毎回するものですが、あれって薬だけもらって、自宅でできないもんなんだろか…と考える人もいると思うんですが、ネブライザーの前に、先生に鼻にシュっとしてもらうことが重要らしい。
薬で奥を通りやすくしておいて、鼻水を吸い、そこへネブライザー…っていう図式ですな。


まぁ、前述の通り、今の先生は無駄に通院させる(&ダラダラ薬を飲む)ってのを避けるので、
先日の診察でも「あまり長く薬を飲んでもらいたくないので、また一週間後に来られますか?」と
聞いていた。
切れるものなら早く見極めたいのでしょう。
そいや、週末しか通えないオットが予定があるので2週間分クレって言ったら、うーん・・という感じだったと話していたっけ。。


パパ同様、頑張って付き合っていってくれ、こあっきぃ。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-10-19 21:41 | 育児ライフ

子供の頭痛

半年ぐらい前から、

「頭がゴンゴンする」

と言い出したこあっきぃ。

すぐに言わなくなるし、頻度も忘れた頃なので、子供の言うことだし…と大して気にしてなかったのですが、最近1週間に1度ぐらい言うようになりまして…。

私は偏頭痛持ち、オットもたまに頭痛を訴えるということで、共にMRI検査などを受けてる頭痛夫婦。

頭痛持ちは遺伝するとも聞くし、たまたまテレビで思春期以降に「モヤモヤ病」だと診断された少女が幼少期から頭痛を訴えていたというのを見て、私の出産前にちゃんと調べておこうという気持ちになりました。

MRI検査では大量の磁気を浴びるので、オットが休みの土曜に行く予定でしたが、2日程頭痛を訴えるのが続いたので、幼稚園の代休の平日に急遽二人で私の偏頭痛のかかりつけ医に向かいました。

多分MRIを撮ることになると思っていたので、こあっきぃには散々「痛くないから」「ただ寝てるだけだから」「音がうるさいだけだから」等々説明しており、最初はかたくなだったこあっきぃも覚悟を決めていた。


先生に症状を話し、診察室で遊んでいるこあっきぃの様子を観察。

一般に幼児の頭痛というものも認められるものの、原因は色々とあるものらしい。

たとえば遠視気味の子供の目が、お絵かきなどで近くを見るようになってきた頃、目の疲れから頭痛を訴えたり、まだ生えてきてはいないものの、奥から突き上げてくる永久歯の影響から頭痛を訴えたり…。

また夜泣きがあるかどうか…など。
頭痛外来を開いているだけに、先生の質問は多岐にわたる。丁寧で質問の質問にもゆっくり答えてくれた。

見た目心配はなさそうだし、聞いた感じの様子では重大な問題が隠れているとは考えにくいが、MRIを撮ってみて観察してみましょう、とのこと。

覚悟は決めていたものの、やっぱり台に上がると不安で泣きだしたこあっきぃ。
検査技師は「今泣いてるようでは難しいかも」と半ばあきらめ状態。

前述の説得を再度懇々とし、看護師さんにも励まされ、引き気味だった検査技師にも「ここまできたんだから、入るだけ入ってみよう」という言葉でなんとか検査へ。

電磁波は妊婦でも大丈夫ということで、私は足元でずっとこあっきぃの足をさすっていました。

不規則な音の波にも負けず、じっとすること数十分。無理かと思ったけれどなんとか検査終了。

結果は…


蓄膿でした(爆)


現在服用している薬を書く欄に、耳鼻科の薬を書いた時、鼻水がずっと止まっていない旨を書いたので、もしかしたら鼻から来ているかもしれませんとは言われていたけれど、副鼻腔に溜まった膿が真っ白に映っていました。

脳の血管はすこぶる綺麗。

先生は丁寧に画像をCDRに焼き、現在通っている耳鼻科の先生に所見を書いてくれました。



頭は問題なく、ほっとしたけれど、

蓄膿かぁ・・・・

蓄膿になりたくないから、耳鼻科にはマメに通っていたのに、ザンネン!!

しかし、頭痛の原因って色々あるんだなぁと勉強になりました。
どんな症状にも大きな病気や、まったく予期しなかった病気が隠れていることはあるものですが、5歳児の訴えっていうのもちゃんと聞かねばなりませんなぁ。


蓄膿については長くなるので、また次回。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-10-13 13:37 | 育児ライフ

夫婦の喧嘩

タイトルからして、我が家の話かと思いきや・・・

ウチの話じゃござーせん。

まぁ、元々年の差夫婦の我が家(といっても10歳未満の年の差なので、いまどきもう珍しくなくなった?)。
私が1人でカッカすることはあれど、がっぷりヨツの喧嘩に発展することはほぼ皆無。

前置きが長かったですが、喧嘩してるのは友人。

どちらか片方だけの言い分を聞いていると正常な判断はできませんし、別に私が判断せずともよいのですが・・・。

片方が主張していて、もう片方がそれは正しくない、おかしいと反論しているわけです。

そして売り言葉に買い言葉ってのが喧嘩の常。
後から、上げ足取ってたら、キリがない。

そもそも何が正しかろうが、自分の常識的に間違っていようが、夫婦とまでなった相手が言ってることをまず理解してみようと思うのが愛情なのでは??

世間の正しい・正しくないっていうことより、相手が必死に訴えていることに耳を貸すべきなのでは?と思ったりします。

理解してくれる余地のない相手との不毛な言い争いにつかれた友人が少し気の毒。

私は別に、一生添い遂げるのが結婚とは思わないけれど、夫婦になろうと決めた自分の筋を通すべきだとは思うのです。
相手の為ではなく、自分が納得するまで筋を通して、それでダメならさっさと退散するのは否定しません。

その後の自分の為にも。

そんな中、別の友人のつれあいが難病に侵されているのが分かったりして…

友人の心痛を思うと、お互い健康で子供にも恵まれ、普通に家を建てて、普通に暮らせることへの幸運に気付いてほしいなぁと、老婆心ながら思います。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-10-04 22:11 | 専業主婦ライフ