<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

長年の夢・・・

先日、ずっと抱いていた長年の夢を果たすことが出来ました。

夢ったって、すごーーーーーいしょーーーーもなーーーーい、超個人的な夢なのですが、
どこでも実現できるわけでもないし、出来の悪いものには入りたくないし、結構実現するのが難しかった夢なのです。

来年度たまたまある県内の大きなイベントに向けて、この私の夢に欠かせないものが製作され、幼稚園のプレイベントに呼びましょうよ!(借りましょうよ!)と提案したら、あっさり実現。


実際にやってみたら、すごい楽しい!!!

こども達は大喜びだし、大人もすごい喜んでくれるし、テンションあがった周りの反応がまたたのしかったりして。

こんなローカルキャラでも大人すら憧れの目線で見てくれるので、ミッキーとかだと本当に幸せになれると思う。なんたって世界共通キャラだもん。

あと面白かったのは、すごい知ってる人でも、私ってわからないから、隣にいるのに、「これは誰なの?」てなもんで、不思議そうに私を見つめるので、透明人間にでもなったような気持ちになれたこと。

とにかく今年度のPTA。本当に自分のやりたかったことすべてやらせてもらった気がします。
「すべてはこども達の為に」といいながら、ちゃっかり自分のやりたかったことを主張したワタクシ。


次の日も、他の経験者の疲れとは裏腹に、私は全然しんどくなかったけれど、さらにその翌日ちょっと腰と首が痛い気が・・・

やっぱ重かったか・・・頭。
c0051759_250222.jpg
左側の武将キャラがワタクシ。適正身長10cm超えた強引なinのせいで、異様にデカいキャラの出来上がり。

ビデオ見たけれど、我ながらバイトできるんじゃないかっていうぐらい、会心の動き。


c0051759_314228.jpg
こあっきぃは生きてると信じてたので、中身がママだったことはもう少し内緒。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-02-26 02:50 | 専業主婦ライフ

大人の旬を磨く

我が家の新聞は毎日新聞なのだけれど、日曜版のコラムに心療内科医の海原純子氏のものがあり、愛読しています。

ずっと以前のコラムで心に響くものがあり、切り抜いたものを冷蔵庫に貼って、(今年度は特に)何かあった時はそれを読み、自分を鼓舞していました。

タイトルは「大人の旬を磨く」。

食べ物にとって「旬」というものはとても大事なものだけれど、では人生においての「旬」とはいつか?

アンチエイジングという言葉がすっかり浸透し、見た目の美しさを伸ばす外見的な「旬」を磨くことにやっきになっている現代人に投げかける内容。

とってもいい内容なので、そのまま引用します。

--

体力や細胞内水分、つまり体力、美しさ、記憶力は年と共に衰え、旬を過ぎるが、
別の旬は年と共に充実してくると思うのだ。例えば、ものを深く洞察する力、思考能力、
共感力などは年をとるにつれ旬を迎える能力
である。
しかし、とても残念なことだが、こうした年と共に増える能力は、生物学的能力とは違い、
ほうっておいても存在する力とはいえない。要は天賦のものではなく、自分で磨きをかけて
旬を作り上げていかねばならないものなのである。

いつまでも若さという旬を追い求めることにエネルギーを使っていると、こうした
「年をとってから旬を迎える」はずの能力に磨きをかけるエネルギーをなくしてしまう。

体力や美しさが減少しても、別の旬をもてる大人は輝いていられる。
そんな大人が少ない。
若いころにはとてもこんなふうにはできなかったなぁ、と思えることを
人生の中につくっていくのが大人の幸せ
である。

【毎日新聞 日曜版 海原純子氏 一日一粒 心のサプリより】


いかがでしょう?

別の旬になど興味がない人もいると思います。
いやなことはイヤだと済ませてしまって終わり。ふたをしてしまう・・・。
そういう行為は結局浅い・・・と私は思います。

深く深く、この人ともっと関ってみたいという魅力にあふれる人とは、やはり自分で「磨く」という作業を怠らない人ではないでしょうか。
その人の周りには、また新たな輪が出来、力になる。

その輪に重なり、自分の人生を豊かに出来たら、最高だと思うのです。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-02-08 21:33 | 専業主婦ライフ

最後の会議

今年度最後のPTA本部会議がありました。

あ~、ここまできたら短かったな。


最後に一言ずつ言ったんだけれど、皆泣かないの(笑)
んで言いだしっぺの私だけ泣いてたりして(笑)

しかしPTA活動って、思ったより手ごわかったし、面白かった。
どんな機会も勉強になるんだな・・・って心底思ったし。

ただの本部ではなく、身に余ることながら「長」をやらせて頂いたのも良かったのかも。
自分は結構、常に二番手あたりで、助手として、守ってもらいながらも言いたいことを言わせてもらう(ちゃっかりさん)・・・みたいな図が多かったのだけれど、今回は身をもって示し、率先して動き、人を動かさなければならない・・という未知の体験をしました。

恐れていたモンスターな親ってのにも遭遇することはなかったし、聞いていたよりは無事にすべてを終えることができそうです。

この一年で、PTAの規約をごっそり変えるぐらいの変革を行いました。
来年度から役員をなくし、保護者が一人一人参加する形となります。
連絡網も廃止し、MLを導入する予定。
バザーなどのイベント収益は過去最高を記録し、
あれこれ幼稚園の為のものを購入しました。

よく頑張った。

支えてくれた皆に感謝し、このメンバーだったから出来たと心から思います。

任期は総会がある5月まで。
これからは随時引き継ぎが始まります。

その後は大きな夢に向かって、知人と頑張ります。
その知人もPTA活動を通じて知り合ったおそらく一生の友。

この一年の収穫は本当に大きかった。


ありがとう。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-02-06 15:52 | 専業主婦ライフ

音楽のある暮らし

相変わらず、私生活部分では落ち着いていません。

将来的な不安部分は一向にメドがたってない状態。
色々事情がありましてね。


まぁ、こういう時は、自分ではどうしようもないところはあえて切り捨てるって事も大事ですね。
できないことは、できない。
んでもってここが重要。
できないことへの心配までしない。

心が痛むこともありますが、時間は限られている。できることとできないことに分け、できることについてどうして行くか具体的に考えていくことが近道であり、精神の均衡を保つ道。

どんな場面に遭遇しても、それで自分が何を得ることができるかに重点を置いてチャレンジすることを楽しんできた自分ですが、今回のことは多分今まで体験したことがない大きさ&長さになると思います。

経済的にも、精神的にも、時間的にも、払う労力は未知数。
いつ終わるのかも未知。
真剣に考えると、すべてを置いて逃げたしたくなる心境になります。


こういう時に聞きたいのって何故か洋楽だったりします。

きっと歌詞が頭に入らず、邪魔にならないからだと思います。

んでもって今よく聞いてるのは、イーグルスの「デスペラート」

カタカナですんまそ。

なんかあのイントロとか、サビがしびれるの~


あと、ずっと聞いてみたかった綾戸智恵さんのアルバムを延々聞いています。
「Good Life」

多分一番新しいアルバム。

全体的に落ち着いた感じで、ザワザワ・・トゲトゲしがちな心にやさしく染みますよ。

台所にかけてある、無印のCDプレーヤーで聞きながら料理したり、
車で聞いたり。

きっとこんな歌を歌えるのだから、しこたま辛酸をなめたに違いない。
そういう同士意識も私を癒すのかも。


なごむ。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-02-02 00:16 | 専業主婦ライフ