<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

春のガーデニング

春になるとホームセンターや園芸ショップはにぎやかになります。
お花が沢山増えるし、人も沢山。皆花の苗や土、その他もろもろのガーデニング用品をわんさかカートに入れて皆この季節を待っていました!とウキウキしているように見えます。

というわけで毎年私も木や花を植えたくてウズウズしてしまいますが、我が家では花や木を植えるスペースはありそうで実はほとんど残っていません。
エントランスは芝生の外構だし、中庭はシンボルツリーに芝生、その他の敷地部分には砂利敷き。イメージ的にもスッキリした印象なのであれこれ植えるのも向いてないし。

でも植えたいこの気持ち(笑)

そんな時にはポット(鉢)植え、でしょうか。

とりあえず近所のスーパーで偶然見つけたトネリコの木を買って来ました。ここには実は黒竹を植えようと思っていたのですが、和になりすぎるかな?という懸念と黒竹ぐらいでは目隠しにはならないかな、という懸念で踏み切れず。今回お買い得品、1050円!に飛びついて買っちゃいました。トネリコは最近見る機会が増えて好きになりつつあったので。1mぐらいあるトネリコですが非常にいい状態だしこれは確かにお得かも。

トネリコはふたまわり程大きな鉢に移し替えてお風呂の窓の外に置くことにしました。実はお隣の庭からウチの浴槽って覗けるんです。お隣は仲良しだから「覗かないから大丈夫!安心して!」とは言われているものの気になる。特に夏とか。BBQとか庭でされたらつい蓋で窓をふたしてしまいたくなります。一時は庄司さんにひさしを作るアイディアと簡単な図面を頂いていたのですが結局なにか突起物をつけるのも不恰好だしと放置しており・・・すんません、庄司さん。
ですがやっと気に入った植木で隠せることになりましたよ~!

c0051759_2129573.jpgこれがシマトネリコ。隣にあるのは数年前に購入した墨田の花火。ガクアジサイです。葉が落ちて枯れてしまいます。確か去年もこんな姿で新芽が出始め花も咲いたのたのですが今年はなんか不安。オットに話してみたら「去年もそうやって心配してたけれど芽が出たよ」と言ってたので信じてまつことに。小さな鉢だったのに大分大きくなりました。

窓の上部にはスポットライトがあります。このライトは今まで使用することはほとんどなかったのですが(夜間ゴミを捨てに行く時ぐらい)このライトを点けてお風呂に入るとトネリコの木が見えて風情があります。
お風呂の窓から緑が見えるって、思ったよりいいですね。坪庭を作る気持ちがわかりました。

トネリコはドンドン大きくなると思うので楽しみですが、もう一本置きたいですね。
横に並べると完璧に目隠しになれそうです。





c0051759_21324096.jpg入居後すぐに植えた沈丁花はほっといても沢山の花芽が付いて本当に育てやすいです。一応油粕ぐらいは一年に1度埋めますが。
今年も沢山の花が咲いてとってもいいにおいです。花が終わるとニョキニョキと新芽が出てくるので好きな形に大胆にカット。樹形も簡単に整えられるのも手軽で嬉しいですね。







火がついた私は次の日、またもや山の上のガーデンショップに行って見切り品の鉢を選んで初めての寄せ植えに挑戦してみました。
以前教育テレビを見ていて寄せ植えには高さの変化をつけるとバランスがいいとあったので、オダマキを一番高い中心にしてその周りに小さな花や色づく葉っぱ、そしてアクセントに下垂の花を這わしてみました。
中心のオダマキをくすんだクラッシックな色あいにしてみたので全体的にその感じでまとめてみました。うちの家にはこういうのがお似合いかと思って。
そのまま置いて見ましたが寄せ植えの鉢は高さがあった方がいいですね。またポットスタンドでも購入してそこに置きたいと思います。最近は葉っぱのような色の花がお気に入り。真ん中の小さな花がそうです。クリスマスローズとかにもありますね。

c0051759_21385276.jpg

[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-26 21:48 | one-story house日記

舌つづみ

今年はグルメな我が家。
いつもオットの親戚を通じて義母から年末に実家に送ってもらっている殻付牡蠣と殻付帆立が今年は今月もお届け。うれすぃ。

こういうご馳走は誰かと食べた方がより美味しい!とこあっきぃの仲良しのお友達一家をお招きしてプチ宴。

c0051759_20352085.jpg実は帆立のお刺身はもにょっとしていてキライだった私。
でもこの新鮮な帆立のしこしこ感を初めて味わってからはこの帆立だけはお刺身が食べられるようになりました。
いつもは貝柱を横にスライスして食べていたのですが、今回は義母オススメのたて割り。こちらの方がしこしこ感がより分かるということでしたが、私はやっぱり横スライスが好きかも。
殻から貝柱を取る時はパチンと挟まれないように筋を切って取り出します。
ワタ意外はすべて食べられ、バター焼にしても頂きました。



c0051759_20381217.jpg生でも食べられるほどの鮮度の牡蠣。しかしうちは生より焼が好きなことがわかったので今回も焼きで。
魚焼きグリルで初めて焼いてみましたが、これがもっとも手っ取り早くて美味しくてよかった。
ただしグリルは恐ろしいほど汚れます。爆ぜるので殻が飛び散ってる感じ。
思い出したけれどまだ掃除してなかった。。。忘れて開けたらビックリするだろうな・・・・(と言いつつ、今日も掃除はしない)


今回も美味しく頂きました。
美味しいものを頂いて気のあった友達と語らって・・・人生楽しまなきゃねぇ!
[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-25 23:32 | 専業主婦ライフ

心臓検査

今日は一年ぶりのこあっきぃの心臓検査の日。

まずは心電図。心電図を取ってる間はジットしていないといけないんですが、前回は大きなマスクをしてた女性だったせいかビビり模様で若干ぐずっていたこあっきぃも今回は優しいお姉さんだったせいもありダイの字でジットしていて一発でOKでした。

その後先生の聴診器での診察を受けて、「もうほとんど雑音は聞こえませんねぇ」という言葉に少しホッとしつつも次の心エコーにてまた逆流が映るかもとこちらは緊張感が取れず。

エコーの部屋には手作りアンパンマンのマグネットがあり、アンパンマン狂のこあっきぃはご機嫌で遊びいい感じ。
先生が来て、エコーの用意で服を脱がせてもまるで死体のように横たわるこあっきぃ。補ていの為にやってきた看護婦さんもびっくりするぐらいおとなしい状態で良かった。暴れると最悪眠くなるシロップを飲むことになるので。

エコーで心音もチェックして、色んな角度から見てついに先生の「穴は塞がりましたねぇ」という言葉を頂きました。もう病院にはこなくていいそうです。


あ~、良かった。


うちの子に限って厄介なことにならないだろうとどこか傲慢ともいえる気持ちも持ち続けていたのですが本当にそうなってよかったです。
とは言え・・・と言う不安もなかったわけでもありませんし。

とにかくこれで一安心です。

・・・あとは心臓に毛が生えないようするぐらいで。


帰りにもっとアンパンマンで遊びたいと床に転がって泣いて困らせたこあっきぃ。
おあとがよろしいようで。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-23 18:08 | 育児ライフ

あからさまな態度

こあっきぃが寝ているとき・・・

ネコズのくつろげる時間・・・


こあっきぃが朝、または昼寝から起きてくるとネコズはあからさまにメイワクそうな空気・・・


c0051759_23461624.jpgワイに話しかけるんやないで。

・・・とでも言いたげなレオンの態度。
こあっきぃとレオンは実はあまり良くない関係。レオンに何度か教育的指導であるネコパンチをくらっていることを根に持つこあっきぃが意地悪言うので。
たまにこあっきぃには鰹節をあげさせて六カ国協議並みの歩み寄りを促すのですが・・・。











c0051759_23432816.jpgこちらはまたあからさまなビビり様。
なんせなんかされそう・・・とシータは逃げまくり。それでも最近は撫でるこあっきぃ、撫でられるシータという図も何度か目撃されており両者の関係は前述の程ではない模様。
しかしながらはなはだ流動的な関係であることは間違いない。






お口直しにこの間のパパパスタ。
アサリとエビをふんだんに使用した豪華なシーフードパスタになりました。
c0051759_23454091.jpg

[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-22 23:45 | ネコズ

春は別れの季節

もう春だよ・・と思っていたら一気に冬に逆戻りしていた今月。
3月と言えば転勤族にはドキドキする季節・・・なのですね。

うちの兄も転勤が決まり、こないだ私が訪れた牡蠣が美味しい土地への赴任が決まりました。
赤ヘル軍団の土地にはもう二度と来ることはないだろうと思っていたのに、また来ることがあるかも(笑)

もう一人。私の小・中学時代からの友人もダンナさんの赴任で九州へ行くことに決まりました。彼女は才色兼備。昔から美人で勉強も良く出来て今は先生をしています。
彼女が先生になるまでには努力の日々。結婚したのももう合格はムリだろうと思ったから。ところがその後最後に受けていた試験に合格。それからずっと夢だった仕事に頑張ってきました。

1度の転勤はあったものの幸運にも通勤のできる関西圏だったので仕事を続けていましたが、今回はもはや無理な土地。それでもまたそろそろ転勤の可能性をにおわされていたようで今年度は悩みつつ仕事をしていたようです。


単身赴任してもらってこの仕事を続けるのか、ついて行くのか。子供はいつ作るのか。

私は彼女が苦労して勉強していた日々を知っているし、仕事をする彼女を応援していたのですが、ご主人の人柄もそして色々な出来事を経て結婚したという彼女達の歴史を考えると、彼女には家族を大事にしてもらいたいなぁと思う気持ちはありました。よくできる彼女だからこそ、そしてそんな彼女をずっとみてきた彼だからこそ、今選んだ結果で二人がその後お互いの気持ちを見失うようなことにはなって欲しくないというのが正直な気持ちでした。

ただそこは夢だった仕事を手に入れた彼女の決めること。

3月になり兄の赴任の知らせがあったので彼女にもどうなったのかメールしてみたところやはり赴任が決まったとのこと。そして彼女も退職する旨告げたそうです。

今だから出せた答え。そう思います。
きっとダンナさんは自分に着いて来ると言ってくれた彼女の気持ちをこの先忘れることはないと思います。彼女の努力をずっと見てきた彼だから、彼女がそう決めるまでの色々な葛藤や決意をすべてわかって。

オーバーかもしれませんが、夫婦にはこういうターニングポイントが人生において何度か訪れると思います。その曲がり角が大きければ大きい程、お互いが力強いかけがえのない味方だと思える時もあるし、失望こそしなくても相手の存在が自分の中でポロリとなにか欠けたような、そんな寂しい気持ちになることもあると思うのです。
強制はできないけれどやっぱりこちらを選んで欲しかった・・・という思いは無意識だったとしてもいくつか続くと大きな失望につながるかもしれないとも思います。


新しい土地で、また彼女なりの遣り甲斐を見つけて輝いて欲しい、そう思います。有能な彼女だからきっとそれができるはずです。


がんばれ!!!
[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-20 16:19 | ノンカテゴリ

早いもので2歳。

こあっきぃも早いもので2歳になりました。


早いもので・・・と言ってますが、ほんっとにはやいっ!
人の子の成長は早いですが、自分の子でも十分早いですっ!ほんとに。

最近は外遊びが好きで、庭に出せ、出せ!と要求。
寒いので窓は閉めるのですが、最初は開けておけ!と要求していたのに今ではへっちゃらで遊んでます。

こあっきぃは言葉がめちゃくちゃ早い方ではないのですがそれでも色々と通じるようになりました。おうむ返しの部分が多かったのですがこないだ私が何かに頭をぶつけて呻いていたら「大丈夫?」となでなでしてくれて、ちょっと感動しました。
わかって操ってるんだな、こやつは、と。

どういうシチュエーションで人間て言葉を会得していくんだろうということが本当によくわかります。彼女が色んなものに「!」している瞬間に私の中では彼女の脳みその中のシナプスがぐんぐん手を伸ばしている様子が見えるようです。

こういうのを親の喜びというのでしょうか。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-20 15:54 | 育児ライフ

広島の旅 3 宮島

実は広島旅行が決まるまで、宮島ってフェリーで渡らないと行けないと知りませんでした。

・・・島なのにね。

なんとなく橋が架かっていたりするイメージ・・というか宮島という地名でしか認識していませんでした。

フェリー乗り場でオットの両親に再会。本当に久しぶり、そしてこあっきぃにとっては初めてのじぃじとばぁば。やっと会わせる事が出来て本当にほっとしました。

あまり人見知りをすることもなく、アンパンマンのお土産をもらってご機嫌で船に。いよいよ宮島上陸です。


時間も時間だったのでお昼に名物のアナゴ釜飯を食べてから厳島神社に。

c0051759_16592461.jpgお約束の鳥居。この時期朝と夕方に潮が満ちているみたいです。到着したのはお昼だったのでドンドン潮が干いて行き、本殿に付く頃にはすっかり干上がっていました。厳島神社は潮が満ちている方が趣があります。

厳島神社の赤ってもうすこし濃い色だと思っていたのですが、本当に「朱」という感じの明るい色だったんですねぇ。能舞台も思っていたよりはすさんでいたのですが、やはり海に面しているから(というより海の中だけど)でしょうか。
しかしこの時期ライトアップも楽しめるようです。夜はまた雰囲気があってきっとステキでしょうね。




参拝して散歩してほんの数時間の対面でした。
いつお会いしてもドライなご両親です。私たちが元気に暮らしているのを確認できたらベタベタと長時間いなくてもいいみたい。孫は可愛いようですが、それでもべったりすることはありませんでした。


両親を桟橋で見送り、肩の荷が下りた私達は風評被害に耐える牡蠣を食べにおみやげ物屋が並ぶ参道に戻ります。

c0051759_1724762.jpg広島じゃなきゃ食べられないだろうと生牡蠣に挑戦。

レモンだけよりポン酢をちょっと垂らした方が食べやすかったです。
数年前まで牡蠣フライしか食べられなかった私にとって、生牡蠣を2つも口に入れてるってことはまさにアメージング。
うーん・・・・しかしやっぱり私はちょっと火であぶった焼きか半生ぐらいがスキかも~







c0051759_1745525.jpgということで次は焼き牡蠣。どうです?おいしそうでしょう???

これはかなり美味かった!レモンだけしぼるか、やっぱりポン酢を垂らして食べるのがウマイっす。


その後お土産のもみじ饅頭を買って今日の宿へ。今日の宿は昨日贅沢したので若干抑え目の宿です。それでも牡蠣は4品出てきましたけれど。



広島での宿泊もこの日が最後。
ラストは広島市内観光をして、広島焼きです(笑)
[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-15 17:03 | ノンカテゴリ

もう三月。

気づけば3月。私のテンション的にあ~書きたい!と思ってブログを更新しまくる波の後にザザっとネットから遠ざかる日々が来て・・・という周期があることに気づいておる今日この頃。

旅行から帰ってきてからずーっと予定があったりで忙しかったのもあってすっかりネットから遠ざかっておりました。

その間、清水ミチコと三谷幸喜の本を買ったり、お雛様を片付けたり、芝生の雑草を抜いたり、という雑用もこなしつつ。

そいえばこの地に住んでかなり住めば都なのですが大きな不満が一つ・・・。




ラジオが入らない





そなんですよねぇ。。。ラジオが入らんのです。
あ、車だと入ります。いわゆるラジカセというかああいう端末で入らないのです。
聞きたいラジオが沢山あるのにぃ・・・


清水ミチコと三谷幸喜両氏のラジオもその一つ。

こいうのってどこに訴えればいいのでしょうか。。。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-07 00:11 | 専業主婦ライフ