<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ソファにはクッションでしょう!?

ハワイには島が8つあり・・・
ホノルルがあるのはオアフ・・・・

ただいま勉強中です。


さて、話が変わって・・・

ソファを置いたらその上にクッチョンをいくつか置きたくありません!?
うちにくるソファは小型なので45×45のクッチョンだとちょと大きい。お店には置いてあったけれど、どちらかといえば30×30のクッチョンが合うかも。二つぐらいが適当だなぁと思ってオットにそう言ったらオットはソファとかにクッションがゴロゴロあるのは邪魔で好きくないとな。ナント!?
ゴロゴロしてキライってアータ、あれはある種アクセントといいますか・・・インテリアなのではないかと思うのですが?
もしかしてじゃ、ベットの上に枕がいくつかあるのもキライ?って聞いてみたらそれもキライとな。

いずれやってみたかったのになぁ・・・枕をいくつかカバーを選んでおしゃれに置いて・・・て。

むーぅ。インテリアってことぜーんぜん興味がないオットだからなぁ。
ロッキングも酔うって言ってたし・・・。

が、しかし今まで彼にクッションの便利さとかロッキングチェアのくつろぎ方とかを教える人もいなかったのだろうて・・・

私がやってしんぜましょう!!!


て、ことでウチのソファにあるクッチョンカバーを探しまショウ。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-31 23:28 | インテリア

ソファ

ついに・・・ついに注文してしまいました・・・ソファ。

スゲーーーーーー探しまくったんですけれど、ウチのスペースに合うローソファって中々なくって、結局橿原のダイヤモンドシティアルルで見つけたなんでもないソファにすることに。

ウチってリビング広いようでゾーニングが難しいんですよねぇ。ちゃぶ台が主役になってるから、デカイソファを置くとバランスが悪い。
ちゃぶ台と戦わないボリュームのソファとなるとかなりこぶりなソファになるんだけれどこれがなくってなくって。

あとネットで見つけてもやっぱり実際に座れないってのは困る。
ソファは座り心地が重要ですから。CHOKOZAIソファなんてその典型。かなりいいとは思ったけれど実際に座れないと・・・というのと子供が小さいうちは皮製のものじゃないとキビシイっつーのもあって。。。


・・・値段もそんな高いソファじゃないから10年後には十分ヘタってると思いますが(笑)、子供が小さいうちはこれで十分!


届いたらまたUPします~


しかし、最近物欲がすごい。
で全部買ってる自分もすごい。


年明けには出費が待ってるのにぃ。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-29 22:57 | インテリア

ウンベラータ

うちから車で30分ほど行った山の上にグリーンショップがあります。
植木や観葉植物が豊富でもちろん花の苗やガーデニングの小物等が山の中の広い敷地内に沢山あります。ちまたのホームセンターよりは若干高めですが、同じ種類でも大体10本前後あるので(人気なものはそれ以上)、ちょっとした植物園並みのショップです。

しばらく前からグリーンを増やしたいと思っていたけれど、こないだ神戸のグリーンショップで見かけたウンベラータを気に入り探しに行きました。
ウンベラータは8本ぐらいあってその中から形がよいものを何種類もとっかえひっかえ遠くから眺めて選んできました。

c0051759_922432.jpg


上部にみずみずしい葉が集まっていて、茎?幹?の部分がわずかに湾曲しているウンベラータらしいものです。

その他もっと沢山しげっているウンベラータ、同じような形で幹の部分がまっすぐで若干小さめのウンベラータなどがあり、最後まで悩みましたがコレで。見てるとだんだんわかんなくなるぐらいそれぞれにいいところがありました。5000円ナリ。



MPVに折れないようになんとか詰込ん帰ってきたときはちょっとシナっと大きな葉のパキラみたいになっちゃってて、心配しましたが、庭で葉に水をやり室内に戻してみたらウンベラータらしい美しい樹形に戻りました。良かった良かった。

今入れている陶器の鉢にそのまま移し変えようと思いましたがそうすると鉢が重くなって移動が困難だし、たまには雨にあててやるとホコリや葉ダニがとれて植物も嬉しいという別のネットショップのコメントに目からウロコだったので、一回り大きいプラスチックの鉢に植え替えてから今ある陶器の鉢に入れて飾っておこうと思います。ちゃんと寸法を測って買いにいかなくっちゃ!


ヤマボウシはこんな感じ。

c0051759_9275086.jpg



大分枯れてきたなぁ・・・
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-28 09:34 | インテリア

no canccer

昨日は診察でした。

生検のキズを見てもらうのが目的で生検の結果はまだ出てないかも、と言われていたので結果は次だろうと軽い気持ちで病院へ。

そんなわけでしたのでなんの気構えもないまま、イスに座ったところでサラっと

「結果が出てまして、やっぱりガンは見つからなかったです」

といきなり言われ、拍子抜け。

そーですか、そーですか。良かった良かった。

石灰化の原因ってのは人によって色々と名前をつけるのだそうですがはっきりとわからないことも多いのだそう。


病理医のコメントをそのまま診断書に転記してくれましたが、一番下の

no canccer

という文字が力強くて目を引きました。


私の石灰化している部分は生検でほとんど取ってしまったものの、まだ残ってるモノもあるし、取ったところより下の石灰化が少し見られる部分は全く取っていないのでそこがガン化することはあるのか聞いてみましたが、まぁほとんどないとのこと。とはいえ0%ではないのですが、今回非常に疑わしい部分はほとんど取って検査したわけだし、生検で見つかるガンの可能性は30%という数字を考えると、切るってのは最後の最後にしないといけないわけでその判断は難しいところであるのでしょう。
最終的にはどの石灰化も切って調べるしかないわけですが、それにはあまりにも患者側の負担も大きい。無駄なメスは入れない方がいいに決まってるわけです。しかし入れないでいいという判断もまた難しいわけですね。

乳ガン自身自分で発見できるガンなわけですから、これからは自己検診で十分と言われましたが、それをしつつ2年に1度ぐらいのマンモを今後受けていけばいいだろうということでした。

奨励されているのは1年に1度マンモを!てな感じですが、ウチの先生は「まぁ、被爆もしますしねぇ、そんなにマメに撮影しなくても」てな感じでした。それよりもまずは触診。自分でチェックするってことが基本ですねぇ、とのこと。そりゃそうなのかもしれませんね。
マンモがあるから、ではなく普段の生活で触れていることこそが大事。それで乳がんは十分チェックできる、ということでしょう。

とりあえず私のガン騒動はこれでひと段落。
あとは自分でモミモミすることにします。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-26 08:41 | 専業主婦ライフ

パカラン、パカラン

本日「賽馬」二回目レッスン。

勝手に一部練習してきましたけれど、「一部お願い」と言われ今回のロシアンルーレット的自主練習はムダではなかったと一安心。(練習しておいたら次は全然違うことさせられるってのはよくあることなので、毎度タマ込めてる感じ)

相変わらず私の左手はカチカチになってるようで、そのせいで親指も反っていると二重のご指摘。手のひらは常に下を向いていないといけないわけだが(卵が一個挟まる感じで)私の薬指は手全体を軽く回転させて押さえないといけないところ、指だけが無理やり伸びてて手のひらがカチっとかたまって全体が回転していないてのが先生の見たところの問題点。
確かに指だけ持っていったほうが楽なように見えるが、実は音程も安定しないし手も固まって動きがスムーズにいかないらしい。先生はすぐに治るから、とおっしゃってくれたがはたしてそうだろうか、、と少々不安。

早弓の部分が何度かあるのだけれど、内弦と外弦があわただしく入れ替わるので弓だけで何度も練習。出だしのスタッカート部分は弦に弓を押し付けて強い爆発音を出すのではなく、弓を出す方向にすごい速さでしかも一瞬の力をぐっと込めてだすんだそう。先生の言われたとおりに一緒にやってみるとなんとなくできるんだけれど、先生の音にはもちろん程遠いッス。


そんなこんなで重点的にやりながらも先生二部、私一部で弾いたりしながらレッスン終了。気づけば最後の部分は弾いてない・・・こんなんで合奏大丈夫でしょうか(汗)

途中先生に「馬が走ってないよ~」って言われました。

全身で強弱を表現する先生・・・それを合奏の時に私だけやってたら、ドン引きされませんかね?先生。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-23 22:53 | 二胡

芝刈り機その後

こないだ部品が破損して刈れなくなってしまった芝刈り機。

結局アレはネットで購入したんだったとホームセンターから引き上げてきて自分でメーカーに電話。
壊れた部品の説明をして、あちらも同じ機種を分解して通じたようで
「この部品送ります」と言われ、「え?工場から直送とかじゃないの?」と思っていたら、本当に部品だけ普通郵便で送られてきました。

・・・振り込み用紙とか特になし・・・。

エエんか!?こんな対応で!!!!


タダですんでラッキーだったけど、あと2、3個もらっときたい(爆)


ま、それはともかく、この暑さで斜面の上部分の芝が枯れ始めております。斜面の上って水が下の方に流れてしまうから枯れやすいんだろうな。でも芝生張って初めてのことだなぁ。
すっかり枯れてしまって非常に見苦しいです。

ヤマボウシも今年は頑張って水遣りしてたんですが結局枯れてきてしまったし。
うーん・・・園芸は難しい。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-22 22:57 | 芝生管理

その後の体

今日はお昼まで一応頂いた鎮痛剤を服用。

とはいえ夕方にはジットしている分にはキズを忘れてしまう程に痛みは収まり手を上げたりモノを持ったりしない限りはほとんど痛むことはなくなりました。

キズの部分には透明フィルムが貼っていますがキズの周りは全体的に赤くなっています。ちょうどずっと頬杖をついて寝ていてその跡が赤くなっているような赤味です。
フィルムの中に残っている少量の血が黒ずむこともなく鮮やかなのでいつまでも生々しいのですがフィルムを剥がすわけにもいかずこのまま血が残っていたら問題だろうか・・・と思っていたところ、今日生検後初めて浴びたシャワーで若干流れたのか漏れでてくれたのかパジャマのTシャツが汚れていて、見てみると少し血が少なくなっていました。

キズ自体は青紫のミミズバレのような感じです。どれくらい薄くなってくれるのでしょうか。

昨日の生検後帰り際にすれ違った先生と話していてなんとなく、いや、まてよ?と思うところがありこれまでの会話の中の飄々としていながらどこか芯を感じさせてくれて、安心感がある印象を反芻しつつ帰る車中で、自分がそういうタイプの人にこれまでも大事なことを任せてきたような傾向があるということに気づきました。

・・・庄司さんしかり(建築家さん)・・・・てか最大事の人生を任せてるオットしかり。

私が自己主張が強く、刀を振りかざす見た目枝が太いタイプで、強いようだけど強風には案外ポッキリ折れてしまう大木タイプなので、相手には受け流しつつ(聞き流しではなく)たおやかにかわしてくれる(ワザとではなく自然にそうできる)、強風にも絶対折れない柳タイプをパートナーに選ぶのではないかと。
叩いてみたら芯を感じさせる、中味や信頼できる部分がない単にヒョロヒョロしてるだけと感じるともちのロンで叩ッ切るんですが(笑)

自分にない柔軟なフォローをしてもらえると安心するんでしょうかねぇ。
絵本「ぼくをさがして」のように結局は出っ張ってる部分とへっこん出る部分が惹かれあうものなのでしょうか、ニンゲンて。

そんな共通性にハタと気づいて感慨深かったです。
成人してから、与えられるのではなく自分で大事なことを決める機会が折に触れて出てきて、それをいくつかこなした今だからわかる自分の傾向ですね。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-18 22:28 | 専業主婦ライフ

生検受けてきました。

いよいよ本日は生検の日。

乳がん摘出経験者のママ友やネットで同じ生検を受けたヒトから

すごく痛い

と聞いてたのでかなりビビってましたが、麻酔をかけるって言ってたし、最初のガイドワイヤーを入れる時の針と麻酔の注射ぐらいだろう・・・と自分を慰めつつもすごい痛いと思っていた方が案外大丈夫という自分なりのマーフィーの法則である『こんな時ネガティブシンキング→結果オーライ』理論を唱えつつ病院に向かいました。

最初にフックワイヤーを入れます。この時に直径2mmぐらいの針を4cmも刺すんですが、やはりこれは刺した瞬間が一番痛く、突っ込んでってる間はちょっとまし。ま、でもつまみながらなんでちょっと耐えました。
針金を入れてるあたりは(空洞になっててここから針金を入れて針を抜くわけ)全く感じず、ワイヤーを引っ掛けてぐりぐりってされた時と引っかかってるか引っ張られた時は痛かったですが、後は刺さったまんまでも全然OK。じんじん常に痛いとかいうことはありません。人間の痛点はポイントなんだな、、て感じ。(そゆとこすごい物体に思える体)

そのままマンモを撮影したのですが、今回はマンモの技師さんが上手だったのか上側・側面の2枚撮影したのですが以前ほど痛くなく終了。最後にもう一度上側を撮影しましたが、うまく刺さっていたようで刺しなおし(石灰化の部位にうまく刺さってなかったらもう一本入れると言われた)はありませんでした。

ここでまずホッ。


そのまま30分ほど待たされていざ手術室へ。やっぱり切開するんだね。そかそか。

ココから先は未知なゾーン。でっかい手術室の扉を抜けてぐっと専門的テリトリーに自分がいることを肌で実感。中にいるヒトもみんな手術着にマスク、帽子なので映画の宇宙人捕獲ゾーンに連行されてる気分。

手術着に着替えて手術台へ。
心電図や血圧の巻き巻きを巻かれて穴のあいたドレーンをかけられ私には目隠しの布が。
なにが起こっているのか全くわかりません。

麻酔の注射はチクリ・・グリグリという感じで終わり(ま、これは多少痛い)、しばらく感じていたものの全く感じなくなり生検開始。

全部で30分ぐらいだったのでしょうか。
最初はなんか心地いいこと、他に集中できることを考えようと二胡を弾いてるところをイメージしてみたのですが、出てきたのが現在練習中(今朝も弾いた)の『賽馬』(爆)

イッカーン!!あんな早い曲イメージしてたら余計パニくる!とアセアセして今度は大きな海にでっかい浮き輪に乗ってフワフワしているところをイメージしてみましたが(幽体離脱する時はこれをイメージするらしい)、手術が始まるといつ痛みがくるのかドキドキで全身の感覚が乳首周辺に集まったキンチョウの30分でした。

幸い麻酔が効いてほとんど痛みは感じず。
それでもビビってる私はチッとかサワっとかなんか感じたら「つっ」とか声を上げてしまい、その度に局所麻酔を打ってもらったので全部で7、8回追加したかも。
先生も「これは痛い?」と要所要所で聞いてくれて、最後の方はほとんどなにも感じないまま無事に終わりました。
電気メスで切ってる時か、触ってる時かわかんないんですが(音がしてたから切ってる時だと思うんですが)自分の意に反して左手がビクッとなりまして、あれは電気ショックで筋肉が反応したんじゃないかと思いました。筋肉は微量の電流で動くと聞いたことがあるので。

ちょっとずつちょっとずつ電気メスで切りながらの作業だったようで、その度に焦げる肉のニオイがしましたが(ま、私の肉なんですが)それ以外不快な音もニオイもせずでした。

よく『ムッシュ』って言葉が出てきて、なんの道具だろう・・と思いつつ『ムッシュ』って言われると、心の中で「かまやつ・・・」と言ってる自分がいたりして。

取った組織はマンモで撮影して石灰化している部分が含まれてるか確認。
取れていたので無事縫合。

4cmぐらいの痛々しい縫合跡が残り透明のテープを貼って貰って一週間後に診察を。
その時にはまだ病理の結果は出てないかも・・・ということでした。
日曜ぐらいなら取れてしまっても自分で消毒して絆創膏で大丈夫とか。ホントか?
痛みが残ったりどうしても心配な時はまた病院に来るようにということでとりあえず一日分の鎮痛剤をもらって帰りました。
鎮痛剤もバファリン程度のロキソニンです。抜歯では頓服だったのにね。


ちょっとした組織を取るだけでもプチ手術。先生の他にも助手の方と看護師さん2名。なのにお会計は1万4千円ほど。MRIとエコーで1万1千円だったのを考えると安いな。

今はじんじんした痛みも治まっててあまり感じません。
若干手を上げるのがつらいです。オムツの洗濯終わったけれど室内物干しに干すのは諦めて明日低いところに干そうっと。お弁当もお休みだわっ!

ま、そんな感じのレポートでした。
今はマンモトーム生検がよく行われているようですが、フックワイヤー生検はこんな感じです。
これから受けるヒトの参考になれば幸いです。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-17 22:53 | 専業主婦ライフ

脇に保冷剤、指に8×4(エイトフォー)

暑いっ!

サウナ防音室から出てきたところです。
今度防音室の温度計って見よう・・・著しく集中力を奪われる暑さです。頑張って何度か息継ぎに外に出て(締め切ったリビングでさえ涼しく感じる)も1時間が限度。ぜぃぜぃ。

去年はクビに保冷剤を巻いてやってましたが、今回たすきがけにしたスカーフに保冷剤を二個挟みわきの下に入れるという方法を取ってみました。

・・・いいような気がする・・・。

ヒジに滴る汗、手の指さえ汗ばみ換把(手の移動)がうまくいかず8×4を大量噴霧。三味線のヒトが付けてるようなヤツ欲しいです。効果ないかなぁ。

今回も親指によく言い聞かせつつ(笑)、賽馬、特に早いところの集中練習。
これって弓だけまず練習して(内弦と外弦の変わり身のところなんて特に)弾くとうまくいきます。もちろん先生に教えてもらった方法だけれど。

あとは最初の出だし。チャーララ、チャーララ、チャーララ、チャーララ(←知ってるヒトしかわからん)のこのチャーのチの部分(大木こだまにあらず)にスタッカートのような出だしの爆発音が必要なんだけれど、これがうまく出ない。
ちょっとは出るようになったけれど、押す時は出せなかったり逆に外弦は押す時だけ出せたり。。
ここだけ練習してると出せるようになった気がしても、音階を弾くとどっかいっちゃったり・・・

なんとか音程が狂わないようになってきただけでもOKか?


しかし防音室・・なんとかならんかの~
暑いったらありゃしない。

真夏だけのことだから仕方ないっちゃー仕方ないんですが。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-15 23:27 | 二胡

モニター生活

実は数ヶ月前からある食品配送サービス会社のモニター生活をしています。


生協のことですが(笑)


始めたばかりの生協のチラシにモニター募集の記事を見つけ、面白そうなのとモニターってのを一度やってみたくて応募してみたら採用。
説明を聞きにセンターまで行ったのは面倒だったけれど、今では月2回のレポートを提出しています。

報酬はビビたるものだけれど、一年やれば二胡のイスぐらいはちょっといいものに換えれるかも・・・てな感じ。

オススメレシピを書いたり、家計の中の食費をちょっと書いたり。
こゆのがチラシや商品取り扱いに生かされるのね~
しかしながら普通の生活をしている主婦の日常みたいなのを調べるものもあって、お盆休みがなかったり、お中元を贈ったことがないウチとしてはレポできないことも多しです。
まぁそんな家も昨今は増えてきているだろうから、とそのまま正直に書いて提出しています。

もちょっと色々とモニター登録してみようかと調べた時期もありましたが、今のところこれだけ。
あるサイトでは「モニターはお金を稼ぐ為にするものではありません。自分の意見が社会に反映されて役に立つという達成感と社会とのつながりを認識するものです・・・」みたいな高尚な理由が書いていて、コガネムシは金持ちだ~♪と脳内BGMが流れていたワタクシはム即ムリ!と感じ、ちょっと体験してみるか~程度にすることにしたのでそれ以上広げていませんで。

ま、買ったことがない商品とか試したり出来てフムフム・・と思うこともありますが、確かにお金だけ考えたら面倒くさいかも。

文章書いたりするのがスキだったり、色々比較したりするのが楽しめるヒトには向いてるかも。

今日も夕食画像の撮影だわ~
忘れないようにしなきゃ~
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-14 12:05 | 専業主婦ライフ