<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

生活感

子供ができると、途端にモノって増えますね。

元々引越しが3万弱で済む位荷物の少なかった私たちですが、こあっきぃのモノ(ほとんどもらいものだけど)がドンドン増えてきて、収納に収まりきらずクローゼットの上部などにどんどんモノが積まれております。
ベビーシートやバウンサーなどの空き箱なんてかなりデカイし、モノが見えてる室内って私嫌いなのでこれは物置とか買ってしまっておくしかないかも・・・とついに物置購入計画まで持ち上がってます。

そんな中、取材にこられる雑誌社から雑誌が送られてきました。
これに載るかもしれないのね・・。

フムフム・・・とパラパラめくってみたら、みーーーーーーーーーーんな



モデルハウス並みにおされ


洗練されたインテリア、片付いてすっきりした室内。



オイオイオイオイオイオイオイオイ・・・・・


見なきゃよかった。。。
いまさら断れないし、かなり焦っております(ハハハ)
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-30 22:23 | one-story house日記

母は強し

さすがに昨日はヘコんで、夜こあっきぃの寝顔を見て泣いちゃいました。
こあっきぃは私が鼻をすすると、とても不思議そうな顔で見ていました。泣き止んで見ると私ににっこり笑いかけ、それがさらに涙をさそい・・・。

しかし、しくしく泣いてると、汗が・・・・


泣いてても 汗がしたたる デブのサガ


涙を拭きながら肉の間の汗もぬぐったりしてると笑けてちょっと元気になりました。

結構塞がった人も多いらしいので、塞がることを期待して頑張ります。
と、いっても私ができるのは乳を出すぐらいですが。

こあっきぃは心臓の疾患だったけれど、育児ってほんと小さな病気やら、体重がどう、とか便秘がどうとか、心配することだらけ。
母がその度にヘコんでいては務まりませんぜ。
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-28 20:26 | 育児ライフ

心房中隔欠損症

この間の検診で心雑音がするといわれたこあっきぃ。

今日大学病院で検査してもらったら、『心房中隔欠損症』であると判明しました。
心雑音自体よくあることなのであまり心配していなかったのですが、先天的な心疾患であると判明したわけです。
ちなみに穴は二つ。3ミリと5.1ミリ。

心疾患の中でも比較的軽いほうである病気だとは言え、心臓の病気なのでやはりむーんという感じ。
ただし自然に塞がるかもしれない・・・とは言われました。
自覚症状も特に気をつけることも今はないので、とりあえず定期的に検査するしかありません。

ちなみに先天的な心疾患を持って生まれてくる確率は100分の1。
そしてその心疾患の中でも60%は『心室中隔欠損症』で、こあっきぃは7%の『心房中隔欠損症』、1000人に1人の割合となります。(覚えてますか?心臓には4つの部屋がありましたねぇ)。心室より心房の方がまだ症状やらいずれ起こしかねない、チアノーゼ・肺高血圧なども軽いようですが・・・。

宝くじはおろか、ふるさと小包でさえ当たったことない両親なのに、こあっきぃはどうしてそんな確率を当てちまったんでしょう。

しかし、開いてしまってるものは仕方がない・・・・。

ネットで少し調べてみたけれど、ブルーになったのでやめました。
閉じるかもしれないし、閉じなくても盲腸ぐらい成功率の高い手術で治るんだし。完治する病気なんだし。
先天性といっても私には当てはまるようなことをした覚えがないので、妊娠中の事由に原因があったと悩む必要もないし。
今まで体重の増えがあまりよくなかったのも、このせいだったかもしれません。

まぁ、彼女自体はとっても元気だし、成長するにおいてこのままやせっぽちかもしれないけれど、日常生活を送る上で問題はないみたいだから、神経質にならずにおおらかにのびのびと育てていこうと思ってます。

まだ余裕なのは、「うちの子に限って」という思いがあるからかもしれません。

いろんなことが起こると、元々子供べったりではない私に、こあっきぃから「愛して・愛して」と心配の種を色々と撒かれているような、もしくは自分の母性を試されているような感じがします。確かに細かなことにはあまり気を病まないタチですが、ここまでくるとさすがの私も心配しちゃうじゃないか!

試しすぎだぞ!こあっきぃ。
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-27 21:43 | 育児ライフ

デブは暑い

いやぁ~

梅雨はどこへ行ったのでしょうか?????

暑いですねぇ~

授乳中は暑いということは以前にも書きましたが、何をしていても汗が噴出します。
掃除とかしていて汗がでるならまだしも、最近は食事をしても汗が噴出すしまつ。
タオルで汗をぬぐいながらご飯食べたりしてる姿はまさにデブ。
デブの人は汗っかきといいますが、

こういうことなの!?


オットにその話をしたら、会社に多数いるデブの人を思い出したのかウンウンとうなずき、耳元で



「その後のニオイに気をつけろ」


と囁いて去っていきました。



ぎょえ~
デブ臭だけはさせたくない~!!!!!!!

ということでせっせと汗を拭いて8×4してます。
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-25 21:36 | 育児ライフ

おっぱいマッサージ

16日に検診だったこあっきぃ。

平均の帯の底。体重の増えの折れ線グラフも頭打ち・・・

おっぱいはよく出ていると思っていたし、一日22gとかで増えてるから、おっぱい育児の場合の一日の増える量の目安である20~30gっていうのはクリアしてるし、今の体重は気にしないでおこうと思いつつ、やはりへこみます。。(へこんでブログも更新できなかったぐらい)

足りてると思っていたから1日1度しかミルクを足してなかったのがいけなかったのかなぁ・・・など考えるときりがなし。
保険婦さんにも勧められたし、とりあえずおっぱいマッサージを受けるためこあっきぃを出産した助産院へ。
こあっきぃを取り上げてくれた助産婦さんが上手だし、私のおっぱいも一度揉みに来てもらってるから(偶然私の住んでる町の助産婦さんだから町のサービスで来て貰った)今回は指名(笑)

私のおっぱいを見るなり「KEIさん、あの時より大きくなってるしいいおっぱいじゃない!」と言ってくれました。
そうか・・・そうなのかな。
一日に22g増えてるのは十分だそうで、問題ないんじゃない?ということでしたが、基底部といわれるところがまたがっちり固まっており、それはほぐしておかないと沸いてきたおっぱいを飲めてないかもしれない・・・ということでガンガン揉んでゆるゆるおっぱいにしてもらいました。

一日に一回は自分でもグリングリン揉んで、さらにおっぱいを上げるときは基底部を持ち上げるようにして絞るようにあげたらいいんじゃないか、というアドバイスを受け、血流がよくなり疲れも取れるという漢方薬をもらって帰りました。
たしかにこあっきぃは小さいけれど、母乳の子はミルクと違って、かなり沢山でてるおっぱいじゃないかぎり増えるのにムラがあってもいいのかもしれない・・・特に遊び飲みをしだす3ヶ月からはそういう傾向はあるだろうし・・・。頭でわかっていてもやっぱり体重の増えがあまりだと気にはなりますよね。。

またもや「自信もってね、KEIさん」と言われ、帰宅途中に車で今の基底部がゆるゆるの状態を覚えつつ、こうやって揉めばいいのかなぁと自分の胸を無心に揉み揉みしていたら、反対車線のおにーさんと目が合いました(爆)



おっぱいマッサージですからっ!!!
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-22 21:55 | 育児ライフ

母の○○は強し・・・

育児をやっておりますと、いろいろと行儀が悪くなってまいります。

こあっきぃを抱きながらなので、足で戸を開けるのはしょっちゅう。他にはモノを足でどかしたり。
授乳中に携帯が鳴ったりするとこむら返りを起こしそうになりながらちゃぶ台の上の携帯を取ったりもいたします。

料理をしている時も、こあっきぃがおとなしい間、とか寝てる間にとかなのでいろんなことをいっぺんにしようとしっちゃかめっちゃかになるのですが、逆に慌ててるのでモノを落としたりして仕事増えたりしてます。。。
色々手間を省いたりしちゃうので、鍋の蓋とか鍋掴みを取る手間を惜しんで素手でつかんで「アチー」となることもしばしば。

そういや以前関西の人気番組、「探偵ナイトすくーぷ」で“なべのふたをつかめるか”というのをやっていました。
商店街にあつらえたお茶の間もどきのコタツの上のお鍋の蓋を素手で掴めるかどうかを道行く人に試してもらうのですが、男性は全滅(笑)若い女性もムリ。
ところがいわゆるおばちゃん、といわれる年配の女性はみなさん余裕で蓋を開けます。

今なべを持ってアチィ・・となる度に、あぁ・・・・だからおばちゃんの手は厚くなるわけね・・・と納得。
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-14 21:33 | 育児ライフ

牛蒡子(ごぼうし)

母乳育児がなんとか軌道に乗ってきた・・・気がします。
最近は寝る前にたまにミルクを60とか足す程度で、日中はほとんど足さない日々が続いています。
三ヶ月になって、本当にウソのように母乳母乳の日々から開放されつつあります。

脱・裸族

ところが、まとめてこあっきぃが飲み始めたからかもしれませんが、お乳が張っていたいんです。今までは夜中授乳の時間が空いたとしても、昼間ぐらいにはお乳の張りもなくなっていたのが、今日はずっと痛い・・・。しかも左の乳が・・・

元々左の乳は張ると乳首の辺りが硬くなってこあっきぃも飲みきれてないんじゃないかと思っていたのですが、やっぱりそんな感じ・・・
出口付近で詰まって、たまったお乳が出なくなっていつまでも張ってるんだと思います。
・・・あんこ餅食べたのがいけなかったのか・・・。(つまりやすいものはあまり食べないほうがよい)

そこでママ友から「牛蒡子」なるものをもらってきました。
これはごぼうの種で、煎じて飲むと母乳のつまりとかにとてもよいそう。母乳の出がよくなるらしいのです。

今煎じています。
結構すぐ効くらしいので、効果が楽しみです!!
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-14 17:45 | 育児ライフ

芝刈り

どんどん暑くなって来て、芝も絶好調・・・といいたいところだけれど、外構部分の芝生の緑にはかなりムラがある。。

なんか枯れて茶色の部分多し・・・
中庭でさえいい感じなのに、一日中日光が当たって好条件なはずの外構部分が枯れるのはなぜなのだろう・・・。やっぱ手をかけないといけませんなぁ・・・。

芝は長くなってくると、その丈で影ができて根元部分が枯れる原因になるらしいし、芝は刈ってナンボなのでそれとなくオットに「そろそろ芝刈りしなきゃ・・・」と呟いてプレッシャーを与えてみたら、ちょうど雑誌の取材がまた入りそうな気配になってきて、オットの重い腰が上がった。

去年、芝刈り機で外構斜面部分を刈ったら、すごーーーーーーーくしんどかったらしいので、今年は斜面はツインバリカンで刈ることにしたらしい。
しかしツインバリカンはヒートアップすると止まってしまうので休み休みするしかなく、結局時間がエライかかることに・・

3時間以上かかってやっと終了。。。。

中庭とエントランス部分は平坦なので、芝刈り機でバリバリ刈れるだろうから、こちらはもっと短時間で終わるはず。
ちなみにエントランス部分と中庭にはそれぞれ照明があるんだけれど、その周りにはうっそうと茂っている。
これってやっぱり照明のせいなのかも。

とにかく外構って人目に付くから、きれいになってとてもうれしい。
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-13 23:12 | 芝生管理

こあっきぃ誕生まで(2)~陣痛がきた~

深夜一時・・・

鈍い生理痛のような痛みを下腹部に感じて目が覚めた。
たまに感じたこともあったけれど、今回は断続的に襲う・・・はっ・・・もしや陣痛??

携帯片手に暗闇の中間隔を計ると、やはり15分ぐらいの間隔。
・・・いよいよなんだ。
まだ軽く呻きながらも何とか我慢できる範囲。でも痛みもムラがあるし、間隔も狭まったり広がったり・・・
隣でオットはぐうぐう寝てるんだけど、これから長丁場だろうし起こすのもかわいそう・・・と我慢したけれど、深夜3時・・・ついに観念してオットを起こした。

オットは「マジ?」とかなりびっくりした模様。そりゃそうだ・・・検診ではまだまだといわれていたし、オットは絶対に予定日より遅れると思っていたらしいから。

私はまだまだ余裕・・・と思いながらいよいよなんだなぁとちょっと楽しみにもなっていた。もちろん自分のお産がどうなのかっていうことに対して怖い気持ちもあったけれど・・・
でもこあっきぃともうすぐ会えるんだ・・・長かった・・・ここまで。



食事制限ともオサラバだぜ。



まだまだ耐えれるぐらいのこの痛み。この時に少しでも眠っておいた方がよかっただなんて、この時の私にはわからなかった。。。。
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-13 22:46

授乳は熱い。

母乳にはビールがいいそうです。

と、いうかアルコールを飲むことで血流をよくする(ほどほどにね)ことがいいんだと思います。
ただし、味が変わって嫌がる子もいるみたいなので、すべての人がこれにあてはまるわけではないかと思うのですが。

ご存知のとおり、母乳は血から作られます。なので今私のおっぱいには血管の青筋が沢山走っていますがかなりグロテスクです。でもこの血管のおかげでおっぱいができているわけです。

さて暑い季節になってきましたが、これは授乳しているモノにとってかなりツライです。
元々夏が嫌いな私なので、汗ばむこと自体が不快極まりないのですが、加えて授乳中はこあっきぃも熱いし、血がたぎるのか自分自身もかーっと熱くなるのです。
その為授乳の間は上半身裸で上げたい気分。てかお風呂上りはあげてます。。・・・ここはアフリカ。

そろそろ三ヶ月に入ってこあっきぃもムラ飲み・遊び飲みを始めたようです。
ryokoさんに教えてもらった『魔法のおっぱい』のサイトによりますと、昼間など嫌がって飲まなかったりすることがあるそうで、こあっきぃも出てないわけじゃないのにのけぞって嫌がることがあります。
その時の対処として、口に含ませてぶら下げたまま、立って抱っこする・・・というのがありましたが、試してみたら確かに泣き止み、黙って飲みます。
・・・しかし我が家の場合、リビングでこれをしますと外の道から見えるのでもっぱら寝室で授乳する場合に限られます。うーん、、これは誤算。

しかしおっぱい丸出しで乳にぶら下げたまま抱っこしている図ってかなりこっけい。まさか立ってぶら下げて飲ますとは・・・フッ・・・と思っていたら、便秘気味で下剤に頼った時、まさにこの授乳中にまったなしの状態になり、どーしようもなくて、泣かせるのもかわいそう・・・とぶら下げたままトイレに駆け込むというとんだ目にもあいました。

もちろんいたしている間もこあっきぃはごくごく。・・・・スマン。
おっぱい途中で離されて号泣するのと、芳しい匂いの中でもおっぱいは飲めるのと、どちらがよいのかこあっきぃに聞くすべはありません。私も号泣する声を聞くことで集中できずにこのビックウェーブを逃すわけにもいかなかったので、いたし方ございませんでした。まさに断腸の思い。
いや、この場合直腸ですが(さむっ)

この時ほど自動開閉・洗浄のサティスにしておいてよかったと思ったことはありませんでした。・・・これは予想外の効能。

さぁ、真夏の授乳はどうなるのか・・・
リビングでも裸になってるのか!?私。
[PR]

by kei_pmpark | 2005-06-10 22:09 | 育児ライフ