カテゴリ:ノンカテゴリ( 15 )

広島の旅 3 宮島

実は広島旅行が決まるまで、宮島ってフェリーで渡らないと行けないと知りませんでした。

・・・島なのにね。

なんとなく橋が架かっていたりするイメージ・・というか宮島という地名でしか認識していませんでした。

フェリー乗り場でオットの両親に再会。本当に久しぶり、そしてこあっきぃにとっては初めてのじぃじとばぁば。やっと会わせる事が出来て本当にほっとしました。

あまり人見知りをすることもなく、アンパンマンのお土産をもらってご機嫌で船に。いよいよ宮島上陸です。


時間も時間だったのでお昼に名物のアナゴ釜飯を食べてから厳島神社に。

c0051759_16592461.jpgお約束の鳥居。この時期朝と夕方に潮が満ちているみたいです。到着したのはお昼だったのでドンドン潮が干いて行き、本殿に付く頃にはすっかり干上がっていました。厳島神社は潮が満ちている方が趣があります。

厳島神社の赤ってもうすこし濃い色だと思っていたのですが、本当に「朱」という感じの明るい色だったんですねぇ。能舞台も思っていたよりはすさんでいたのですが、やはり海に面しているから(というより海の中だけど)でしょうか。
しかしこの時期ライトアップも楽しめるようです。夜はまた雰囲気があってきっとステキでしょうね。




参拝して散歩してほんの数時間の対面でした。
いつお会いしてもドライなご両親です。私たちが元気に暮らしているのを確認できたらベタベタと長時間いなくてもいいみたい。孫は可愛いようですが、それでもべったりすることはありませんでした。


両親を桟橋で見送り、肩の荷が下りた私達は風評被害に耐える牡蠣を食べにおみやげ物屋が並ぶ参道に戻ります。

c0051759_1724762.jpg広島じゃなきゃ食べられないだろうと生牡蠣に挑戦。

レモンだけよりポン酢をちょっと垂らした方が食べやすかったです。
数年前まで牡蠣フライしか食べられなかった私にとって、生牡蠣を2つも口に入れてるってことはまさにアメージング。
うーん・・・・しかしやっぱり私はちょっと火であぶった焼きか半生ぐらいがスキかも~







c0051759_1745525.jpgということで次は焼き牡蠣。どうです?おいしそうでしょう???

これはかなり美味かった!レモンだけしぼるか、やっぱりポン酢を垂らして食べるのがウマイっす。


その後お土産のもみじ饅頭を買って今日の宿へ。今日の宿は昨日贅沢したので若干抑え目の宿です。それでも牡蠣は4品出てきましたけれど。



広島での宿泊もこの日が最後。
ラストは広島市内観光をして、広島焼きです(笑)
[PR]

by kei_pmpark | 2007-03-15 17:03 | ノンカテゴリ

広島の旅 その2 鞆の浦

尾道から移動すること1時間。今回のお宿鞆の浦に到着。

広島の旅2泊のうち1泊目のこのお宿は少し贅沢しましてお料理が充実しているお宿を選びました。宿についたらチョイス料理の素材(肉・鯛・ホゴ・カレイ等)と調理方法(焼き・揚げ・蒸し・煮など)を選びます。おー楽しい。

残念なのは部屋食ではなかったことだったのですが、オープンキッチンを備えたお食事どころはすべて個室になってくつろげたし、本当にあつあつのお料理、さばきたてのお刺身がいただけたので大満足です。
お風呂をいただいてから、いよいよ楽しみのお食事。

c0051759_9214419.jpg大満足のお刺身。イセエビ、カワハギ、カワハギの肝、キス、ヤリイカ、タコです。チョイス料理はお肉(焼き)とホゴ(揚げ)を選びました。料理に夢中で写真撮らず(汗)理性があったのはお刺身まで、でした(笑)
その他にもカニ入り茶碗蒸しだの、鯛かぶと釜飯だの、牡蠣だの、鯛しゃぶだの、贅沢だった~。






c0051759_934828.jpg

その後予約していた家族風呂に。
家族風呂は展望浴場と違って低い階にあるので微妙に他のビルの目線が気になる・・・てなことで脱衣場の電気を消して入ったらこあっきぃがビビって私にかじりついて機嫌悪い悪い。
結局点けて入りましたがなんか落ち着かずあまり満喫・・とはいきませんで。
貸切風呂ももうちょっと上階に作ってください(爆)

c0051759_9351530.jpg
こちらは展望風呂。オーシャンビューで非常に気持ちよいです。朝のお風呂をパチリ。




c0051759_9353144.jpg
こちらは舟型の露天風呂。天気もよくて海を見ながらの入浴はとっても気持ちよかったです。





さぁ、宮島に出発だ!

c0051759_940174.jpg

[PR]

by kei_pmpark | 2007-02-25 09:40 | ノンカテゴリ

広島の旅 その1 尾道

c0051759_0341691.jpg


長らくご無沙汰してすんません。

行ってきました、行ってきました!広島の旅。
2泊してきたのでなんとか「尾道ラーメン・牡蠣・広島焼き」のすべてを食べつくせ満足至極でございます。

なんですかねぇ、広島って(瀬戸内って)島が沢山あるんですね。
私は大阪育ちで和歌山の海とか三重の海、もしくは京都・福井の海ってのはよく見たのですが瀬戸内の海ってそんな見たことなくってあんなに島が沢山見える風景ってのは新鮮でした。

オットは瀬戸内を産湯として産まれた・・・らしいので非常に懐かしい風景だったそうです。海を見ると何故かテンションが上がるオット。海沿いの町生まれだとヒトはそうなるものなのでしょうか。。。

心配していたこあっきぃも旅の間に鼻水を完治させるほどの強靭さと相変わらずの食欲&愛想のよさで旅を満喫していたようです。オットの両親にも会えたし親孝行も無事終了!
色々写真も撮ってきたり買ってきたりしたので、ちょっとずつ旅を振り返りたいと思います。

まずは尾道・・・・
[PR]

by kei_pmpark | 2007-02-24 01:01 | ノンカテゴリ

なんてたってキョンキョン

いや~。

今日はもちきりですね、この話題。
きょんきょんとKA-TUN(あってる?)の亀梨君の熱愛報道。
年の差20歳。ウンウン。

しかし亀梨ファンの若い子達も、キョンキョンなら文句言えないよな~。

でも実はキョンキョンも老けてる。やっぱりUPとかになると目じりとかにもしわがある。
それでもやっぱりキョンキョンは可愛い。なんでだろ。

黒木瞳もきっと永遠に老けないんだろうな。老けたら八千草薫みたいになるんだろうか。
オードリーヘップバーンか?

とはいえこれからこういうカップル、ありなのかも。
女性はどんどん社会進出してお金持って自分も持ってってヒトが増えてるし、うんと年下の方が可愛くっていいかもしれない。
同年代もしくは年上は自分の価値観と合わせるのが大変だし、いまさらお互い妥協できないっていう問題もあるし。
そうなるとやっぱり年下?結婚にもこだわりがないなら、なおこの関係ありなのかも。



ワタクシにはまったくもって関係のない世界なのですが・・・。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-04-27 17:45 | ノンカテゴリ

キンチョウのコントロール

昨日放送の「世界一受けたい授業」に松井秀喜選手が特別講師として出演していた。

講義内容は「緊張のコントロール」。

松井選手はどんな大舞台でも場面でも緊張しないことは有名で、プレッシャーを力に換えることのできる数少ない日本人の一人と言えると思う。
テニスの試合や二胡の演奏の時にも緊張しぃでいつもうまくできない経験を持つ私にとって非常に興味深い内容だった。

内容はこちら

内容の中も興味深かったのが100%の理論というもの。
120%の力や130%の力を出そうとするから緊張して力が入ってしまう。100%の力を出し切ることという発想を松井選手の方法論と一緒に聞くと目からウロコで非常に面白かった。
力を出し切るって当たり前のようだけれど、120%や130%の力を要求してしまうことや自分に課してしまう場面は無意識な中で多い。

それに100%の力を出しきる言うことは自分の実力を知っていると言うことで。深いっ!
中村うさぎの「生きる」という本にもあるけれど、自分ツッコミってやっぱりどんな場面にも必要なことなんじゃないかと改めて思った。

松井選手は天才ではない、と自分のことを語っていたけれど(努力して今の地位があるという意味で)、それに対しての脳科学者、茂木健一郎氏の「自分がどう努力すれば自分の能力を高められるかを知ってる人が天才」という言葉(うろ覚えだけどそんなことだった気がする)もなるほどなぁと思った。

やみくもに努力してもいけないんだよね。自分をまず知ること、それから自分を生かす方法を探すこと。なるほどなぁ~
[PR]

by kei_pmpark | 2006-02-05 16:46 | ノンカテゴリ