カテゴリ:育児ライフ( 146 )

A型

私はA型、オットはAB型。

で、コアッキィとアキーニョはA型…なんだけど、今回は血液型の話にあらず、、で。


そう、コアッキィが…


インフルエンザA型です



日曜は元気に従姉妹と遊んでいたものの、夜にやたらと鼻水をかみだして、

朝発熱。8度3分。

昼前上がって9度3分。

あまり早くに行っても検査は出ないと聞いてましたが、いてもたってもいられなくなり、午前診に滑り込みで受診。

多分出ませんよ~
夜来た方がいいですよ~
無駄でっせ~

と言うオーラ全開の先生のプレッシャーにイラッとしつつも、またこの無力なアキーニョを感染の危険がある病院に連れて来るのはゴメリンコ、と結果が出る方に賭け検査依頼。

で、出ました。


おかげでタミフル早期投与。

翌日には平熱になったコアッキィ。予防接種のおかげか?


あとはこのおちびちゃんにうつってないのを祈るのみ!

あ~

また数年はこのちびっこに寿命が縮まる思いをさせられるのね~(汗)


とりあえず死なさないように育てる、と言う最低限のひっくいハードルを設定するワタクシ。
[PR]

by kei_pmpark | 2011-03-01 11:54 | 育児ライフ

第二子出産を振り返って

あ~

奇跡的に寝てるアキーニョ。
おかげで晩御飯の下ごしらえ完了。平和平和。


久しぶりにPCから更新です。


今回、アキーニョを無痛分娩で出産したワタクシ。

途中逆子、妊娠高血圧症候群と、さまざまに「自然分娩断念か?!」という事態に襲われたものの、なんとか無事に出産できました。一重に先生のおかげです。

前回同様、助産院にかかっていたら、県立病院に運ばれて、帝王切開だったことでしょう。


妊娠高血圧症候群に関しては、血圧の高さと腎機能の低下を招きまして、最終的に赤ちゃんも私も痩せて行ってしまうような状況でしたが、それだけにとどまらず、出産後、眼底にも水が漏れたことによる「両目網膜剥離」という状態になり、妊娠高血圧症候群の恐ろしさを身をもって体験しました。

網膜剥離は高血圧の落ち着きに伴い、安静にもしていたことで今ではかなり良くなってきています。

が、まだ若干視界にゆがみが残っていて、なんとなく3Dテレビ体験映像・・・みたいに見え、さながらメガネいらずの『一人3D状態』を味わっておるところです。
また以前にあった、セピア色に見える範囲もなくなり、若干の暗い範囲を残すのみです。

しかしそれも、この先よくなっていくことでしょう。


人の生殖に関しては色々あるなぁという思いをますます強くした、今回の出産でした。
[PR]

by kei_pmpark | 2011-02-21 09:59 | 育児ライフ

いよいよ1人だち

アキーニョが産まれて1月半。

今日から母もオットもなくいよいよワタクシめ、1人でございます。

昨日コアッキィの入学に際しての制服採寸に運転して出かけてみたけど、二週間前に運転してみた時に感じた微妙に遠近が分からない&視界がなんとなく見にくいという症状は治まっていて、回復具合をまた実感。うん、運転もそろそろ出来そう。


幼稚園送迎はまだお友達に甘えさせて貰ってますが、アキーニョが2ヶ月近くになる3月に入ったら、送迎も始めようと考えてます。


もうすぐ卒園ですしね。
送迎してくれるママ友達の車に乗るのも楽しみにしてるコアッキィですが、最後の最後はやっぱりママと幼稚園に通いたいかな、と思い……まぁ、凄いドライなヤツですので、別にいいのかもしれませんが(汗)


さぁ、いよいよ始動です。
[PR]

by kei_pmpark | 2011-02-21 06:03 | 育児ライフ

1ヶ月健診

アキーニョも無事1ヶ月健診を迎えました。

体重も順調に増え、私も順調に回復して問題なし。

もうこれで病院に来ることもないんだな~
色々大騒ぎな妊産婦でしたが、お世話になりました。
病院て助産院と違い、終わりはアッサリですね。
助産院での交流の濃さを長女の時に知っているだけに、余計そう思います。

あ~、でも!
もう新生児ではないのか。
すぐ大きくなっちゃうんだろうな~と焦ります。
さすが二人目。気持ちの余裕があり。

どうか、ゆっくりゆっくり大きくなっておくれ~
[PR]

by kei_pmpark | 2011-02-09 11:23 | 育児ライフ

オット、イクメンになる

オット、二週間弱ですが、休暇を取ることになりました。

育休ではなく、有休。

でも、意味的には育児休暇。

仕事に殺されかけのオットにも、よい骨休めになるでしょう。
奇跡的に仕事の切れ目に出産時期が重なって良かった。

コアッキィの時には出来なかった体験をして頂こうと思ってマス。
[PR]

by kei_pmpark | 2011-02-06 07:48 | 育児ライフ

すくすく成長

出にくい方のおっぱいも、毎度必死に吸うアキーニョ。

…えらいというか、おおらかというか。

コアッキィはこの時期でもむさ怒って嫌がり、出にくい方のおっぱいは萎む一方だったのに…

そんなガッツ(とはまた違う雰囲気のアキーニョ)のおかげか、グングン増える体重。

2115グラムで産まれましたが、現在2720グラム。

すこぶる順調です。

私も、血圧はほぼ正常値、たんぱく尿も治り、目も昨日の検査で回復してきている様を確認。


身体も少しずつ楽になって来ているので、食事の時はリビングに行ったり、コアッキィを見送ったりしています。

インフルエンザが流行り出したのもあり、まだまだ引きこもり生活。もうあとヒト踏張り、我慢してジッとしておきます。
[PR]

by kei_pmpark | 2011-01-28 10:46 | 育児ライフ

ゆるやかに

沢山のコメント、ありがとうございます。

私は、息切れもおさまり、血圧もさがり始め、回復してきております。

たんぱく尿も若干ましなような…(スティックの色を見る限り)

目の方も若干見やすいような(中毒症の余波で目を患い中)

これらはまだもうちょいかかるようですが、少しずつ回復していくことでしょう。

食事も寝室で食べてる完全隔離生活なのですが、中庭挟んだ向かいのリビングはよく見えるので、

祖父母と過ごすこあっきぃに手を振ったり、

人間がいない間のネコズを観察したり、


しています。


…もう1月も末なのですね。
本来なら、まだアキーニョはお腹にいて、そろそろ産まれる、はずだった。

この大きさでまだお腹に入れるなんて、凄いな~

アキーニョは変わらずよく飲み、よく眠る、やりやすい子です。

私の存在はかなり覚えた模様(笑)


さぁて、もう少し我慢して、しっかり治しておきます。
たまにお友達のブログ、覗いてます。
寒い日が続きますので、皆さんもお身体大切に。
[PR]

by kei_pmpark | 2011-01-23 07:20 | 育児ライフ

第59回 子供二科展

絵画教室に通って、そろそろ1年になるこあっきぃ。

子供へのお稽古っていろんな意見があると思いますが、お絵かきが好きで、私も小さい時からお絵かきが好きだったから、それならば…と習わせていました。
私も小さい時、習いたかったから(笑)
近所にあった、ツタの絡まる素敵な洋館(庭に池あり)の「アトリエ」という文字に憧れたっけ。


今の教室は地元出身の幼稚園の先生も通っていたという近所の小さな教室。

絵画だけでなく、工作もしてくれて、毎回二科展などにも熱心に出品されています。


しかし最近習い始めたスイミングが楽しくってしょうがない様子のこあっきぃ。
絵画教室に行きたくないという訳でもないけれど、イマイチな反応を見せる時もあるので、就学前までかなぁと思っていた矢先…

こども二科展に入賞しました(汗)


名誉なことんですが・・・・

本人イマイチぴんと来ず。

まぁ、いいっか。

で、先日天王寺にある大阪市立美術館で表彰式があったので行ってきました。
美術館好きな私も、初めて入る美術館です。


c0051759_13471530.jpg下調べしていた通りの雰囲気。
こども二科展なので、なんかこじんまりした感じです。

うちの教室は団体で大阪府知事賞を受賞。21名が入賞したのですが、こあっきぃはその中の一人として賞状をいただきました。




c0051759_1349482.jpgどこで覚えたのか私相手にイチイチ注文をつけ、重々しい練習をしていたこあっきぃ。
その成果もあり、返事もちゃんとし、上手にできました。




c0051759_13502268.jpg受賞者の絵画が一斉に展示されている部屋。
子供達の絵はのびのびしていて、配色も素敵で大好き。
「へぇ~、この年でこんな緻密な絵を描くんだ!」と驚愕の絵があったり、のびんびした絵に思わず笑ってしまったり。
とっても楽しかった。








c0051759_13515469.jpg


これがこあっきぃの絵。

タイトル:「うちのねこ」(笑)

想像していたより、ずっと素敵で、上手でちょっと涙が出そうになったハハ。
うちに持って帰って来てた絵より、ずっと描き込んであって、こんなに描けるんだぁと感心。

これは額に入れてちゃんと飾ってあげないとね♪

特にこのピンクと黄色の塗り込み具合が好きだな。2色ともこあっきぃの好きな色。



子供って誉められることでどんどん伸びる。
年長になって、体操教室に通ったり、絵画教室でのびのび描いたり、水泳教室でぐんぐん泳げるようになったり…自信が深まったようで、幼稚園の先生からも2学期から急に積極的に自分の意見もどんどん言えるようになってきました!という言葉もいただいています。

こうやってどんどん親の手元から離れていくのでしょう。




c0051759_1405122.jpg




せっかくだからもうちょっとお絵かきやってみようか。
のびのび描いてね、こあっきぃ。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-11-08 13:52 | 育児ライフ

中学校でのふれあい体験

わが町の唯一の中学校では、もう10数年前から、生徒と妊婦&あかちゃんとの触れ合い学習なるものがある。

実はこあっきぃが一歳未満だった頃、赤ちゃんの1人として参加する予定だった。

その頃から健康そのもので、あまり体調を崩さなかったこあっきぃが、よりにもよって前日に下痢をし、急遽欠席して結局その会には参加することができなかった。

そんなことをすっかり忘れていた先日、福祉課から電話があり、今度は妊婦として参加してほしいとの依頼があった。

ちょうど今の病院ではエコーの映像をビデオに録画しれくれるので、そのビデオを持参しましょうかと提案すると、大変喜んでいただいた。

さて、前日。
あろうことか、こあっきぃ嘔吐。。
ほんのコンマ5秒ほど前まで、お友達と唄いまくってゲラゲラ笑っていたのに!?

おなかの中のものをすべて吐いて8時前に眠ってしまったこあっきぃ。。すこしえづきながら…
熱が出てくる様子は結局その夜はなかった。

こりゃぁ、明日の触れ合い体験もまた欠席か?とやきもきしたけれど、翌日にはスッキリ目覚め、幼稚園に行くという。。

一応担任の先生には昨夜の様子をお帳面に記入して連絡。調子が悪くなれば早退やむなし…幼稚園に送りだし、なんとか触れ合い体験に参加することができた。


さて、触れ合い体験。
まず本日の趣旨や注意点などが体育館に集められた中学一年生の全員に告げられる。

フムフム。

私の今日の一番の目的だった昨今の中学生というものをマジマジと観察。
聞いてたよりは、別に普通の中学生じゃん。。という感想。まあ、こないだまで小学生だった1年生だもんね。

数人ふまじめな生徒はいるものの、まぁ、おぼこい、チューボーって感じである。

その後、妊婦として私ともう一名の方がマイクを持って簡単な自己紹介と、妊娠した時の気持ち、生活で変わったこと(身体の変化)、子供への気持ちなどを簡単に話す。

今ここで、いろんなことを話しても、彼らの心にどれだけ残るかはわからないし、きっとまだまだピンとはこないだろう、若さというものを謳歌していう彼らではあったが、私は自分の子宮外妊娠の体験を交えて、妊娠・出産が当たり前のようで、そうでない場合もあること、そうなった時に自分を責めないよう今から自分の身体を大事にして欲しいということを話した。

そしてエコーのビデオが上映されたり、胎児の心音を実際に聞いたり、疑似妊婦体験をしてもらったり…と1時限目は終了。

その後2時限を使って赤ちゃんとの触れ合い体験。
その場に同席して、エコー画像を見せたり、おなかに触らせてあげたり、質問に答えたり、楽しい時を過ごした。

幼稚園のママも数人参加していて、こっそり交流を深めたり(笑)、こあっきぃを取り上げてくれた助産婦さんとお話したり、アキーニョの同級生となる妊婦さんと知り合ったり、私にとってもとてもいい出会いの場となった。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-10-28 00:20 | 育児ライフ

んでもって、蓄膿

蓄膿治療に通い始めて2週間。
【蓄膿、蓄膿と言いますが、正確には「(急性・慢性)副鼻腔炎」と言います】

以前通っていたところと違い、今通っている耳鼻科は、非常に説明が明瞭で
薬も極力最低減で…というポリシーらしく、ダラダラ通って…というところがありません。

大体耳鼻科って、『いつまで通うのサ』という気持ちになるぐらい
ずーーーーーーーーーーーっと通っていたイメージだったので、非常にありがたい。

テキパキ流れていくから、通うのに少し遠くなったけれど、トータル通院時間(期間)を
考えても、待ち時間を考慮しても、十分メリットあり。

さて、蓄膿ですが、元々アレルギー性鼻炎だったこあっきぃなので、合併症状として起こりやすかったみたい。
んでもってパパも蓄膿気味なくらいの慢性鼻炎なので、そこんところも受け継いでいるかもしれない。

蓄膿って、昔は手術で治していたものらしく、しかもその手術は大層な感じで、激痛を伴うとか。
確かに以前手術されていた知人は、入院もしていたいし、体験談で大変だったと記憶している。

しかし現在では抗生物質も良く効くので、薬で完治とまではいかなくとも、まぁ抑えられるようになってきているらしい。

一度慢性副鼻腔炎になってしまったからには、しょうがない。
大きくなってきたら、パパのように、鼻水の感じが変わってきた・・・(=蓄膿っぽい)という症状のもと、手術しないで済むよう薬を飲みながら、お付き合いしていただこう。

子供の間は、レントゲンを撮ることでしか、ハッキリとはわからないかもしれないが、MRIを撮れたのだから、余裕のよっちゃんである。

余談だが、耳鼻科のネブライザー(通称:モクモク←我が家のみ)って毎回するものですが、あれって薬だけもらって、自宅でできないもんなんだろか…と考える人もいると思うんですが、ネブライザーの前に、先生に鼻にシュっとしてもらうことが重要らしい。
薬で奥を通りやすくしておいて、鼻水を吸い、そこへネブライザー…っていう図式ですな。


まぁ、前述の通り、今の先生は無駄に通院させる(&ダラダラ薬を飲む)ってのを避けるので、
先日の診察でも「あまり長く薬を飲んでもらいたくないので、また一週間後に来られますか?」と
聞いていた。
切れるものなら早く見極めたいのでしょう。
そいや、週末しか通えないオットが予定があるので2週間分クレって言ったら、うーん・・という感じだったと話していたっけ。。


パパ同様、頑張って付き合っていってくれ、こあっきぃ。
[PR]

by kei_pmpark | 2010-10-19 21:41 | 育児ライフ