なかなかキレない

最近のニュースとか見てますと、キレるキレないって人を連想しますが
今回は電球のお話。

我が家で暮らし始めて今年で5年目を迎えるのですが、一番よく変えてるのはリビングダウンライトの電球です。しかし実はキリム側の2個がよく切れ、そちらは何度か変えているのですが、その他の電球はあまり切れません。
そういう違いがどこからうまれるのか分かりませんが、同じ部屋なのにまったく変えてないところもありながら2回ほど変えた場所もあるってのも興味深いです。

その他5年経っても換えたことがない電球がたくさんある中で毎日のようにつけてる台所とお風呂はまだ換えたことがないんじゃないかなっていうのもすごいと思います。電球って結構長寿命なんですね。。


そんな中、表札の電球が切れました。

取り出すのに少し苦労しましたが、取り出してみたらかなり特殊な電球。といっても照明界ではそんな特殊ではないミニハロゲン球 G4というタイプで使っていたフィリップのものは廃盤になっていたので互換性のある三菱ものをネットで探して注文しました。

ついでにリビングのペンダント照明もかなり特殊なキセノンボールというものなので一緒に注文しました。

別々のところで注文すると面倒なので1時間かけて一緒に取り扱ってるショップを見つけましたよ。ふぅ。

しかしキセノンボールは20,000時間という長寿命だそうです。あと一年ぐらいは余裕で大丈夫そうです。

なかなかキレない電球もたくさんありますが、玄関すぐ横のお風呂と同じ型の電気は半年ぐらいですぐキレます。
多分なにかしら問題があるようで、相談してみましたが最終的には器具取替えしないと解決しないかもしれません、とのことで放置(取り替えても同じかもしれないし)
夏はここの電気がついてると玄関開けるたびに集まったムシが入ってしまうので消えてる方が都合がよいのではありますが。

玄関扉に来るまで見えない場所で玄関前のポーチも明るいのもあり、ほぼ機能していないといえばいないのですが、たまにこれではまずいかなぁと感じることもあります。
[PR]

by kei_pmpark | 2008-03-28 21:34 | one-story house日記