小児医療もビジネス

今週始めから風邪を引いているこあっきぃ。

普段は車で7、8分の町の小児科にお世話になっています。
ここはなにが便利かって、近いのと

空いてるのと(爆)


病院で空いてるってのは「いやいやいや」っていうポイントだとは思うのですが、
空いてる理由ってのは「ヤブ」だから・・・とかではなく、昔ながらの・・・だと
私は思ってるのです。

あそこの病院で診てもらって見抜けなかった・・・ってことは多分どこの病院でも
あるとは思うのだけれど、そこの町医者はおべっか言わないし、施設も昔風だし
現代のいたれりつくせりの小児科とは一線を画していて、そこがおそらく今風のママ達から
人気がない証拠じゃないかな、と。
実際昔からこの町に住んでいる、昔風のおかーさん(笑)が通っていることが多いです。

人気の小児科ってすごい混んでて、小児科行って余計な菌をもらってきちゃうことも多いので
咳と鼻水だけだったりすると、サッと行ってサッと帰って来たいから空いてるってポイント高し。
こないだなんてついでに、って私も診てもらって扁桃腺の処方箋もらっちゃったし(笑)

こあっきぃが普段から丈夫でこじらせたり、ややこしくなったりすることがないのも幸いして
私はこの病院をかかりつけ医にしているのですが、今回はちょっと長引いたのと
お友達がヨウレン菌になったり、血尿っぽくなったりしたのでちゃんと検査できる施設も整ってる
人気の小児科に30分かけて行って来ました。


さすが人気だけあって、満員御礼。
しかし携帯から予約できて逐一番号を確認できるので、いたずらに待つということをしなくても
済むし、自分の番号まで車で待って、とできるだけ病院にはいらないようにすることも可能。

2人の先生と検査担当の看護婦さん、他看護助手2人~4人に2Fの点滴室。
先生は予見だけでたらたらと長引かせることなく即検査で明瞭に答えを出し
薬は余分には出さず、1日熱が出なかったらそれでヨシ!と切り上げ時もはっきり
おっしゃいます。
テキパキしてるけれど冷たいわけではなく、ハイ!先生と言いたくなる雰囲気。
個々の役割分担もしっかりしているし、無駄な動きがないのはトップのこの先生の
方針が全員に染み付いてるからだと感じとれました。

普段の町医者風情の人情っぽい医療に慣れていた私には
ビジネスとして回っている病院のシステムが新鮮で流行っている理由が
分かるような気がしました。病院に行ってきたのに、まるで会社訪問に行ってきた・・
そんな感じでした。


2人の先生でしたが午前中だけで68人さばいてました。


・・・もーかってるだろなぁ。
[PR]

by kei_pmpark | 2008-01-31 22:26 | 育児ライフ