夜中まで語る母とムスメ

先週久しぶりに実家に泊まった。

私は実家から一番近くに住んでおり、さらにネコズがいるのでなるべく帰る為、
実家には滅多に泊まらない。お正月とかイベントの時も基本帰宅するので。

そんなわけで実家に泊まるとゆっくり母と話し込んでしまったりして


3時


でした(ねむ~)

こないだ姉も一緒に泊まってた時は


三人で2時


でした。

母とムスメってこういうことできるから

なんかいいね。

私は母とかなりぶつかった時期があるので、この関係になれたってのは
奇跡
と思います。

でもそれは子供を生んだことが大きい。
子供を生むと、親にお世話になることが多くって
それが感謝につながるんだな。

こちらも任せっぱなしにしないで
二胡に行ってる間は弁当持参でお昼ご飯の支度の負担を減らしたり
年末ボーナスでお食事に招待して(今年はクエかも=自分が楽しみ?!)、感謝の気持ちを
形にするようにしています。

そんな感じで子供を生んでからの関係は良好です。

母が「あとアンタがもう一人子供を生んで、その産後のお世話ができたら
    私の人生はもうほぼやり終えて満足だ」

とこあっきぃの産後に言われました。
その時は「母の人生っていったい・・・」って思ったけれど
子供を持ってみたら、子供の為に生きるという部分への理解が深まって
あのときの母の気持ちがわかるようになりました。

自分の人生だけではない
誰かの為に充実を感じることができる人生

違うレベルにオットもいますが。


私がこあっきぃと夜中まで語れる日がくることを
楽しみに。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-12-01 21:03 | 専業主婦ライフ