発表会無事終了

ここ数ヶ月、晩御飯の支度も適当にし、しばしばオットの弁当もすっとばして
PCを立ち上げる間を惜しんで練習してきた成果を発揮する場、発表会が無事に終わりました。

今日まで暇が出来たら二胡を弾き、音程を頭に叩き込み、弓の動きや角度を考え
いかにきちんとそして聞かせる演奏をするかを心がけて練習してきました。

本番前には友人の前でも弾かせてもらい、緊張することにも慣らし
万全の準備で挑みました。

もちろん緊張はしたけれど、出番待ちの時「思い切って弾こう、やるだけやったんだし。
どーせ誰も知らない人の前なんだし」と思うとバクバクしていた心臓も落ち着きました。

それでもさすがにイスに座ると緊張し、出だしのラの音がかすれ「つかみ失敗」となりましたが
途中持ち直し、弓も勢いを取り戻せて、トリルもビブラートも練習の時以上に飛ばすことなく
弾くことができました。

最後の最後の盛り上げ部分、ほっとしすぎて?指がもつれたのが悔しいですが。。


出来はもちろんまだまだですが、今の全力を出せて満足です。
いつもは自分の音に萎縮して弓が小さくなって・・・という悪循環でしたが
今回はくじけず自分で立て直して弾き終わることができました。

越県しての参加でしたが運営にかかわることなく、気楽に弾かせてもらって
すんませんでした、って感じです。
でも皆さん頑張ってらしていい刺激を頂きました。
伴奏の方にも感謝です。

さー

これで「月夜」弾かなくていいんだ(爆)
こあっきぃ、最後にはメロディ口ずさんでて、ちょっと焦りました(笑)


数年前、年末に発表会があった頃
終わるとこの緊張感からくる開放感と「あー、後は年越しだけだ」という気持ちが
あったのですが
今回、開放感はそんなになく「もっと上手く弾きたい」という闘志が沸いてました。


ゆっくり課題を掘り下げながら
新しい曲に新しい気持ちで挑みたい

そんな気持ちです。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-10-27 22:47 | 二胡