偏頭痛

妊娠中からスゴイ頭痛に襲われ、その特異な症状に「この頭痛は妊娠中特有の症状だろうか」と思っていたのですが、最近になっても時折その症状に襲われるようになり、これが「偏頭痛」であると知りました。

特異な症状というのは

●夜8時と夜中2時きっかりに襲われる(コレは妊娠中、一時期だけ)
●頭痛が起きる数分前、チラチラする帯のようなものが視界に現れる
●帯が視点に発生するので文章の一部が欠けたように見える

というものです。
その後吐き気がして全く動けず呻くような頭痛が襲ってきます。

NHKでなにげに見ていた「偏頭痛」特集で、同じ時期、同じ時間に襲われる事例も紹介されてました。
その人は毎年ある時期、ある時間に頭痛に襲われるそうです。
またチラチラしたものが見えるというのもよくあることのようです。

そのような自覚症状が現れだした時に予防薬として効果のある薬もあることを知りました。
常習するとその薬が要因となって頭痛を引き起こすこともあるのと持病によっては飲めない薬であることも知りました。

持病があるわけではありませんが何かしらに影響したり逆に要因になったりするようなきつい薬を飲むのも抵抗があるので弱めの鎮痛剤を常備して前症状が現れたらそれを飲んですぐ寝ることにしました。

前日寝不足でも起こりやすいようです。
あと生理前とか。

周期的には2、3ヶ月に1回程度です。

若い頃は持病なんてなかったのにな。。

だんだんと生きることが困難な身体になっていくことなんですねぇ、老いって。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-09-17 00:00 | 専業主婦ライフ