心身共に充電期間

この夏は珍しいぐらいグータラしました。

お弁当も「いいや~」ってサボりたい時にサボり、昼寝をし、夜もこあっきぃと早寝。
いくら寝ても寝れる時期ってのが私にはあるのですがその時は身体が求めているのだろうと
内なる声に耳を傾けて従ってみました。

梅雨あたりの出来事はあんまりダメージを与えなかったと思っていましたが
やっぱりいつものテンション3割引・・ぐらいの微妙にエンジンのかからない中途半端さを私にもたらし
芝生の世話もエコクリーニングもさぼりまくりの夏でした。

まぁこのダラダラ感がどこまで続くかはわかりませんが、とりあえず二胡にだけは情熱を注いで
今後の展開に備えて精進しています。
先生のライブのお手伝いも決まったし、秋の発表会の参加も決まったし。

ただこあっきぃがいてくれただけで「こあっきぃの2歳の夏の思い出を作る」という使命が果たせたことが
幸いでした。
子供に救われる形ってこういうことでもあるんだなって思いましたね。

タイプ的に私はガーッとなにかに打ち込んで、それが終わったら次を見つけてまたガーっと打ち込むということを続けている人なのですが(何かを見つけるのにガーッするってのもある)、そういう人間にとってガーッなにもできないってのは結構なストレスだったりします。
ガーッ落ち込むってのでもいいんですが、今はタダ待つのみっていう部分があって落ち込めもしない。
子供が出来ないって分かれば、そのことでガーッと落ち込めることもでき、じゃぁこっちにガーッとって方向転換できるのだけれど、別にできないわけでもないし。

そんなこと言ってる間に手術後2回目の生理が無事来ました。もう1度来たら卵管造影を受けます。

時間は着実に過ぎていて、身体も確実に回復。
あとは気力だぁ~。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-08-25 23:51 | 専業主婦ライフ