振り返って・・・

術後貧血症状や低血圧にやられ本当に一週間で退院できるのか?とドクターの言葉を疑いましたが、4日目あたりからめきめき回復し、本当に一週間で退院できました。4日目に便が出た時は「これで心配事はなくなった!」と気持ち的にも退院に向けてGOになったし。
子宮からの出血も手術後はほとんどありませんでした。1、2度血の塊のようなものが尿と一緒に出たことはありましたが。

貧血の為に直接注射していた鉄剤(本当に血液を注射しているようだった)も5日目あたりから錠剤になり、その頃には点滴も終わり、針で刺されることもなくなりました(手術後しばらくは血栓防止の為血が固まらない薬を毎日打たれていた)。

6日後にはバッコウ(今はホチキスみたいなのでパチンパチンと止めるのでそれを取るのをバッコウというらしい)もすませ、7日目に内診等の検査をしてもらって退院しました。
それからしばらく実家で養生。退院した次の日は動きすぎたせいで頭痛をしたり、ちょっと外出したら炎天下クラブをしていたような頭痛としんどさがあったり、と色々ありましたが少しずつ少しずつ動きながら2週間でウチに戻ってきました。

まだ妊娠ホルモンはゼロにはなっていませんが順調に下がっています。
退院後4日後、2週間後、3週間後と通院しています。

3ヶ月ぐらいしたら卵管造影するのがよいようです。
また3ヶ月ぐらいしたら800ccの輸血で感染症にかかっていないかの検査を受けなければなりません。
5回ぐらい生理が来たら妊娠しても大丈夫だそうです。
手術の様子は写真付きで説明してもらいました。色んな質問にもきちんと丁寧に答えてくれる、そんな主治医(手術担当医)であったことは運が良かったです。婦人科系の主治医になってもらおうと密かに思ってます(笑)


そんなわけでまだまだ色々ありますがボチボチ行こうと思います。

子供は子宮外妊娠かもしれない・・・という段階での気持ちでは「もうこんな思いするんだったら妊娠したくない」と思っていましたが、手術してからは「こんな思いしたんだからもう1回ぐらいチャレンジしてみよう」というところまで盛り上がってきました。
1度子宮外妊娠をしたらその確率は20%に上がる、との数字もありますが子宮外妊娠してからも無事に出産した方も沢山いるようです。

自分も大変でしたが周りで世話をしていたオットや心配しどうしだった両親のことを考えると、自分よりも自分以外の人間を心配している方がよっぽどしんどそうだなぁと思いました。
私なんかは狭量だし薄情だからオットが大変なことになったらあんなにできたかどうか(笑)
とりあえずオットより先に逝って介護してもらおう、と心に誓いました(笑)


子供を失ったこと(という響きもセンチメンタル過ぎてイヤですが)や子宮外妊娠のリスクが高まってしまったことはネガティブになろうと思ったらドンドンなれますが自分は思ったより普通です。
平気、とはいえないところは微妙ですが。
ただ母親が非常に心配していたところは落ち込みました。
やっぱり誰かの為でも自分は大事にしないといけないと本当に思いました。傲慢に生きていてはいけません。助かったことに感謝して。
今回のことで一番ヘコんだのはそのことだけ。


とりあえず次回妊娠することがあったら初期の頃から子宮外妊娠の経験者であることを告げて気をつけること。それでも予測することの難しい、また判断の難しい子宮外妊娠ではありますので万全にはできないかもしれませんが、今回よりひどいことになることはないでしょう。

私は激痛という激痛もなく、麻酔もよく効き、回復も早く、まだましな事例かもしれません。卵管も残してもらえましたし。
子宮にはキズがついていないので、次回妊娠しても自然分娩できるらしいです。

あと今回のことで分かったのはどうも痛みに強い身体、みたいです。(普通はジワジワ出血しているとお腹が痛くなってくるものらしい)。・・・鈍感・・・ということかも。



長くなりましたが読んでくださってありがとう。妊娠初期から不正出血が続いたら必ず病院に行ってくださいね。
不妊治療をされている人の中にも子宮外妊娠される方が多いようです。卵管のあたりとかいじったりすると。ネットでもそういう人見かけました。
不妊治療で必死に頑張って妊娠したのに、子宮外妊娠だった・・・という方も沢山いるんだ、と思うと自分はまだまし、とも思いました。
が、上を見たらキリがないしひどい事例を見たらキリがありません。
とりあえず目の前の問題に立ち向かうしか。

今立ち向かおうとしてる人のお役に立てたら嬉しいです。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-07-12 23:43 | 子宮外妊娠