堆肥マルチング

近所のJAで大売出しのノボリが出ていたので土を買いに行きました。

買ってきたのは堆肥。バーク堆肥と言われるものです。木の皮と牛フンを混ぜて発酵させたものらしいです。
堆肥も本当は匂いをかいだりしていい匂いのするいい土を選ぶ、らしいのですが袋に入っていたのでそれはできませんでした。まぁ、JAなのでそこを信用して。
20キロで500円以下。安い。




c0051759_1734761.jpg根が広くはってることを想定して結構広範囲に芝をカットして掘り起してみました。ここに土を混ぜ込んでみます。堆肥は真っ黒な土で無臭です。・・・牛フンの匂いがするかと思ってましたがしません。当たり前!?








c0051759_17354140.jpg本来は土に何割か用途によって混ぜ込んで使うようですがマルチングなので気にせずたっぷり使うことに。・・・合ってるかわかりませんが。少し掘り起して土を入れ、混ぜ混ぜしてふっくらした状態に。目指すは森の奥深く、ふかふかの土。

で、このまま終了、となるところでしたが近所のお花屋さんで花の苗が44円で売ってるという情報を聞きつけて急遽調達。






c0051759_17374124.jpgなんとなく気の向くままグランドカバーに植えてみました。

ウチの庭ってヤマボウシと芝生で完成されてる木がしていじるのが怖かったのですが思い切って植えてみるとこれはこれでいい感じです。今回は一年草を手前に奥は宿根草にしてみました。手前はその時の気分で年々花を替えてもいいし、うちのイメージにあったグランドカバーを見つけたら植え替えてもいいし。






c0051759_17404122.jpg奥に植えたのは小手鞠とセラスチウム。セラスチウムはちょっと白みかかった緑でどちらかというと洋風イメージなのかも。小手鞠はお花がかわいかったのと形が面白かったので。
西日が入る方なのでヤマボウシの根元に植えておきます。








c0051759_1745553.jpg

うーん・・・いずれ増えること、芝生との境のような感じをイメージしてスカスカにサークル状に植えてみたけれど、これじゃグランドカバーになってない!?もっと密に植えるか、もしくは植物を増やすべきなのかも。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-04-16 17:45 | one-story house日記