芝生管理【1】 雑草抜き

今年も始動です、芝管理。
なんだかプロ野球のキャンプinのような気分。今年はどうなんだ?みたいな期待感あり、ドキドキ感あり、の。

今年は霜が降りることはありませんでしたが、この時期高麗芝は地上の茎の先にも大切な芽があり、春になるとここから萌芽が始まるらしいので凍った状態の芝は踏んではいけないらしく霜が解けるまではできるだけ芝生には入らないようにした方がよいそうです。

冬とは言え雑草達がちょこまかと生えてきています。ただ暖冬の影響かいつもなら3月ぐらいの進み具合です。この類の雑草はピンセットで抜くのがよろしいかと思います。まだ雑草自体も小さく根っこも細いし。

あとは建物との境界のエッジ切りをしておくとよいそうです。建物・花壇・植え込みとの境界は芝が刈り残りがちでターフカッターなどを使って5cmぐらいの隙間が開く様に芝を剥ぎ取ります。特に2月に行えということではありませんが、作業が少ないこの時期にするのがよいようです。
ただ、我が家の場合はそういう部分が少ないので中庭のヤマボウシの樹幹元だけキレイにエッジ切りしておきます。

去年とは違って芝刈りをした後での冬越えですので、春からの芝の調子がどれぐらい良くなるのか気になるところです。また去年は施肥も積極的に行ったので芝の生育が順調ならよいのですが。

2月、3月は細々と雑草抜きで過ぎそうです。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-02-06 17:16 | one-story house日記