二語文

女の子は言葉が早いというが、うちのこあっきぃは普通、もしくはそんな早くない方だと思います。

子供の言葉を早く出させる為には、子供が言ったことに関連させて文章をつくって説明してあげるといいと何かの本で読んだので、「がたん、ごとん(電車)」と指をさせば「電車ががたんごとんって来たねぇ」とか「シータ」と言えば「シータが顔を洗ってるねぇ、ご飯食べたんだね」とか言うようにしています。

今では一応二語文らしいもの、+一語(なんていうのかな)みたいな感じにはなってきていて、「あーちゃん、ばいばい、いたね~(おばあちゃんとバイバイしたね)」とか「あーちゃん それ~、いたね~(おばあちゃんと(ボール投げを)それーってしたね)」と説明するようになった。

どれも私が説明した言葉を自分の記憶と結びつけて言ってたのだけれど、こないだちゃぶ台にもぐっている時に頭をぶつけて「ゴツンしたね」って私が言った時に「頭ごつん、痛いね」って言ったのでびっくりした。

イモムシから人間になって着々とヒトになってる感じ。

子供が言葉を習得している過程ってすごく興味ぶかい。組み立てて行ってるようでそうではなくて。ごにょごにょと説明していることが突然溢れてくる子もいるし。

子供がしゃべれるようになると一気に距離が縮まる気がします。
早くしゃべれるようになって欲しいと思う親もいるようだけれど、今は言ったことや行動をすぐに真似する時期だから覚えさせるとかわいいこと満載な時。私はもう少し今の幼児語が聞きたいなぁと思ってます。
[PR]

by kei_pmpark | 2007-02-03 23:44 | 育児ライフ