洗濯機修理完了。

部品が届いたということで、本日無事に洗濯機の修理が完了しました。

当初聞いていた額よりお安く2万2千円ほどで済みました。電話で話した担当者の方がAEGの前機種の部品の値段を1万と言っていて、ウチの機種は同じ部品が6千円ぐらいだそうでその辺の差額が生まれて実際の金額の違いとなったようです。





原因としては多分洗剤負けしてるのだろう、ということ。
ゴム部分がかなり劣化していたのですがこういうのは初めて見ました、と言われました。

うちはサンダーレッド純石鹸を洗濯にも使ってるんですが(もちろんドラムで使ってるヒトの体験談を読んでの使用でしたが)洗剤溶け残りがかなりゴム部分を白くして(溶け残り?)破れていた部分を裏から見ると溶けているみたいになっていてかなり劣化していたようです。純石鹸はアルカリ性だからそういう成分も作用したのかもしれません。

なのでやっぱりドラム洗濯にはドラム用の洗剤か修理の人は普通洗剤ならブルーダイヤが泡立ちが少なくおすすめ、と言ってました。この手のタイプは泡立ち過ぎという状態に弱いのでやっぱり専用洗剤がトラブルなく使えるようです。

あと知らなかったのですが洗濯乾燥機は定期的に乾燥機を使うことも大事だそうです。
それから30℃の温度洗濯でクイックウォッシュモードで十分ということ。30℃だと普通118分かかるのですがクィックウォッシュモードだと66分で済みます。
60℃の洗濯までが可能ですがオムツ程度にとどめておいて十分だとか。確かに高い温度で洗うのは欧米など硬水地域への配慮らしいので軟水の日本では高温で洗う必要はないのかもしれません。オムツなど殺菌目的には便利ですが。

ゴム部分には水が溜まるのですが面倒でなければ拭きとっておいた方がよいそう。私は乾燥の為に洗濯の後には扉を開け放しておくのですがそれはよいそうです。

色々話をしてみて勉強になりました。
最後には洗濯機を引き出してもらって下部の床掃除も出来たし、よくある修理依頼のことや他メーカーのこと、国産ドラムの話などを聞けたり興味深かったです。

今回の2万円は勉強代ということで。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-12-12 14:49 | one-story house日記