ネコズの予防注射と血液検査

今日は一年に1度のネコズの予防注射&血液検査です。
レオンもシータも8歳と7歳ですから、もう若くもありませんで、生活習慣病(ネコだけど)などの予備軍とも言えます。KEIさんちもそいう年代の生き物がゴロゴロしてきました(笑)





今回はオットに行って貰いました。私は昼からの外出に備えてこあっきぃを寝かせます。

注射は毎年同じの5種混合(猫ウィルス性鼻気管支炎・猫カリシウィルス感染症・猫汎白血球減少症・猫白血病・猫クラジミア感染)です。

血液検査の結果ですがとりあえず良好。あまり心配なところはありません。
若干気になるのが二匹ともコレステロールが高めということ。ただ血糖値、中性脂肪が正常値内ですので先生が言うのにはストレスからしかるべき酵素?のようなまぁコレステロールの値を調整するようなシステムが阻害されてて上がっているのかもしれない、ということでした。

ストレス・・・・ストレス・・・

・・・多分こあっきぃ。


こあっきぃに追いかけられ、毛を抜かれ、名前を連呼され・・・

結構厳しい状況ですから。

こあっきぃが昼寝した時に「やれやれ」って感じでリビングに二匹で長々と寝そべってたのを見た時は苦笑しました。

まぁ、こあっきぃも成長してますから、再来年ぐらいには十分ネコズと仲良く暮らせるようになるとは思いますが。
今回初めてウィルス検査というものをしてみたのですが、白血病もエイズも認められませんでした。ウチは家ネコなので当然といえば当然ですが。
ここいらの外ネコちゃんはほぼ100%でエイズにかかっているそうです。やっぱり外に出すっていうのはネコにとってリスクの高いことなのだなぁと改めて思います。
脱走とかして外ネコちゃんと接触して感染しないように注意が必要です。


とりあえずなんの心配もなくてよかった、という感じ。


予防注射のあとはゆっくりさせてあげてください、という先生の言いつけがあったので昼から外出にしておいて正解でした。
こあっきぃがいない空間が唯一ネコズがゆっくりできる空間なのです、ハハハ。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-12-11 17:58 | ネコズ