嬉しい誤算

なんつか、ワタシは自分の第一印象(対ヒト)に対してある程度の自信を持ってて、新しくヒトに出会うと「あ、このヒトはきっとこうだな」と考え、それが当たる度になんかのポイントがチリンと貯まる妙な嬉しさみたいなものを感じる瞬間が好きだったりするのだけれど、もちろんたまーにそれが外れることがあって、それが嬉しい驚きだったりがっかりする失望感だったりするんだけれど(大抵失望の方が多い)、こないだは久々に逆パターンのヒトに出会った。

その人はワタシが毎日のように通っているこあっきぃの児童館で出会ったヒトだったんだけれど、一見はドリフの昔のコントに出てくるドリフの誰かが失敗パーマみたいなのを被って登場するおばさん、みたいな風貌でそのヒトも子供も昔の写真を見るようなしごく懐かしい格好をしており、明らかに今風のママさん達から浮いてる感じのヒトだった。





何度か見かけたことはあるけれど、ワタシにもママ友ってのが出来ているから大抵はそのメンバーと話していたりして、お話しする機会はなかった。

ところが昼食タイムに(わたし達はいつもお弁当持参)その親子と一緒になり、お話ししてみると

職業は先生
3年間の育児休業中
先生になる前は貿易関係の仕事で数年海外で生活
海外生活中も転職一回経験

という経歴のヒトだとわかった。


教職員という異常な世界(笑)、昨今の教育事情、昨今の保護者事情等々いろんな話で盛り上がった。
ワタシにも先生の知り合いが結構いてその手の話は知らない話ではなかったからどんどん掘り下げていけて非常に楽しかった。

年上なのに全然エラぶったところもなく、いろんな経験をしている(から?)のに控えめで、それでいてなんだか柔軟な大胆さ、みたいなのを身に付けてられてて色んな引き出しを持ってる魅力的な女性だった。


話してみないとわかんないなぁ~。だから面白いんだよなぁ~と帰り道新鮮な気持ちで帰った。
自分の知らない世界で色んな経験をしているヒトと話すと本当に楽しいし、なんだか自分も刺激を受ける。専業主婦になったらそういう出会いが少なくなるかと思っていたけれど、素敵な出会いってのはどこにでもあるんだな、と思った。

そんな出会いがこれからも沢山あったらいいなと本当に思う。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-11-17 18:47 | 専業主婦ライフ