たまにはリビングで弾いてみる

いつもはこあっきぃのお昼寝時間に防音室で弾いている二胡ですが、今日は久しぶりにリビングでも弾いてみました。

「蘇南小曲」は今弾き込む段階にあると思うので音程に集中しながら最初から最後まで弾く、というのを何度もしています。
もう譜面は見なくても全然問題ないので防音室から出てリビングで弾くことにしたわけです。

リビングは天井が高いのでとても響いて非常に気持ちがいい。
まぁ、例えていうならお風呂場で歌を唄うようなもんです。





大体毎日最低2時間は弾いていますが、そういう生活を半年ぐらい続けてみてわかったことはかつて自分が「できない」と思ったことのほとんどが技術云々ではなくて練習不足だった、ということです。

練習して練習して練習して、それでこその道。
もちろん間違った練習方法では意味がないのですから、やっぱりコツはあるとは思いますが。

最近は弓の練習に時間を取っています。
弓が手元から遠いと、伝わる力は小さくなり雑音は出にくいのですが、手元に近くなると雑音は出てしまいます。これをなくす為にひたすら弓を大きく動かして雑音が出ないようそれでいて安定しているよう心がけています。

「月夜」の予習もしました。
最後の最後の部分はおいといて、そこに至るまでは一応指使いは練習済みです。CDと一緒に何度も弾いて覚えました。

レッスンが楽しみです。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-11-15 22:48 | 二胡