下痢ぴーれん。

昔ドイツ学科だったワタクシ。
4年もドイツ語をやって、1ヶ月の語学研修でドイツまで行ったのにぜーんぜん喋れません!
お父さん、お母さん、ごめんなさい。

なぜこの話かというと、ドイツ語の動詞は「―ren」という語尾が主でして、大学時代に下痢することを「下痢ピーレン」とギャグってたのを思い出したからです。

下痢なのはワタクシではなくこあっきぃです。


日に何度もっていうのではないので(一日に1回~3回程度)ひどい下痢ってのではないのですが、出る便はペースト状よりちょっとどろどろ状。

病院で先生に「ちょうどカレーのようで」と自らうまく表現したなぁと思いつつもカレーに例えたことへの申し訳なさもあって「すんません」と謝ってしまった。ハハハ。。

あ、今日カレーの人がいたらゴメンなさい。

水溶便の時には基本的に固形物は食べさせない方がいいみたいで、リンゴをすったりしてみました。

ところでリンゴを擦った時の匂いって


アロンアルファ


に似てませんか?
アタシだけでしょうか。イヤ、ほんとに。

興味のある方はこれからリンゴの季節なのでアロンアルファと嗅ぎ比べてみてください。



子供はちょっと良くなってもまたぶり返したりするので一日調子が良かったとしても次の日まで様子を見ないとわかりませんねぇ。
ワタシも調子が良くなってきた、と思ってT-FALなんか見に行ったりしたし(他にも用事はあったのだけれど)

こあっきぃの手前脂っこいものとかは食べられなかったワタクシ。
そろそろ元気になってね。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-10-20 20:31 | 育児ライフ