生検受けてきました。

いよいよ本日は生検の日。

乳がん摘出経験者のママ友やネットで同じ生検を受けたヒトから

すごく痛い

と聞いてたのでかなりビビってましたが、麻酔をかけるって言ってたし、最初のガイドワイヤーを入れる時の針と麻酔の注射ぐらいだろう・・・と自分を慰めつつもすごい痛いと思っていた方が案外大丈夫という自分なりのマーフィーの法則である『こんな時ネガティブシンキング→結果オーライ』理論を唱えつつ病院に向かいました。

最初にフックワイヤーを入れます。この時に直径2mmぐらいの針を4cmも刺すんですが、やはりこれは刺した瞬間が一番痛く、突っ込んでってる間はちょっとまし。ま、でもつまみながらなんでちょっと耐えました。
針金を入れてるあたりは(空洞になっててここから針金を入れて針を抜くわけ)全く感じず、ワイヤーを引っ掛けてぐりぐりってされた時と引っかかってるか引っ張られた時は痛かったですが、後は刺さったまんまでも全然OK。じんじん常に痛いとかいうことはありません。人間の痛点はポイントなんだな、、て感じ。(そゆとこすごい物体に思える体)

そのままマンモを撮影したのですが、今回はマンモの技師さんが上手だったのか上側・側面の2枚撮影したのですが以前ほど痛くなく終了。最後にもう一度上側を撮影しましたが、うまく刺さっていたようで刺しなおし(石灰化の部位にうまく刺さってなかったらもう一本入れると言われた)はありませんでした。

ここでまずホッ。


そのまま30分ほど待たされていざ手術室へ。やっぱり切開するんだね。そかそか。

ココから先は未知なゾーン。でっかい手術室の扉を抜けてぐっと専門的テリトリーに自分がいることを肌で実感。中にいるヒトもみんな手術着にマスク、帽子なので映画の宇宙人捕獲ゾーンに連行されてる気分。

手術着に着替えて手術台へ。
心電図や血圧の巻き巻きを巻かれて穴のあいたドレーンをかけられ私には目隠しの布が。
なにが起こっているのか全くわかりません。

麻酔の注射はチクリ・・グリグリという感じで終わり(ま、これは多少痛い)、しばらく感じていたものの全く感じなくなり生検開始。

全部で30分ぐらいだったのでしょうか。
最初はなんか心地いいこと、他に集中できることを考えようと二胡を弾いてるところをイメージしてみたのですが、出てきたのが現在練習中(今朝も弾いた)の『賽馬』(爆)

イッカーン!!あんな早い曲イメージしてたら余計パニくる!とアセアセして今度は大きな海にでっかい浮き輪に乗ってフワフワしているところをイメージしてみましたが(幽体離脱する時はこれをイメージするらしい)、手術が始まるといつ痛みがくるのかドキドキで全身の感覚が乳首周辺に集まったキンチョウの30分でした。

幸い麻酔が効いてほとんど痛みは感じず。
それでもビビってる私はチッとかサワっとかなんか感じたら「つっ」とか声を上げてしまい、その度に局所麻酔を打ってもらったので全部で7、8回追加したかも。
先生も「これは痛い?」と要所要所で聞いてくれて、最後の方はほとんどなにも感じないまま無事に終わりました。
電気メスで切ってる時か、触ってる時かわかんないんですが(音がしてたから切ってる時だと思うんですが)自分の意に反して左手がビクッとなりまして、あれは電気ショックで筋肉が反応したんじゃないかと思いました。筋肉は微量の電流で動くと聞いたことがあるので。

ちょっとずつちょっとずつ電気メスで切りながらの作業だったようで、その度に焦げる肉のニオイがしましたが(ま、私の肉なんですが)それ以外不快な音もニオイもせずでした。

よく『ムッシュ』って言葉が出てきて、なんの道具だろう・・と思いつつ『ムッシュ』って言われると、心の中で「かまやつ・・・」と言ってる自分がいたりして。

取った組織はマンモで撮影して石灰化している部分が含まれてるか確認。
取れていたので無事縫合。

4cmぐらいの痛々しい縫合跡が残り透明のテープを貼って貰って一週間後に診察を。
その時にはまだ病理の結果は出てないかも・・・ということでした。
日曜ぐらいなら取れてしまっても自分で消毒して絆創膏で大丈夫とか。ホントか?
痛みが残ったりどうしても心配な時はまた病院に来るようにということでとりあえず一日分の鎮痛剤をもらって帰りました。
鎮痛剤もバファリン程度のロキソニンです。抜歯では頓服だったのにね。


ちょっとした組織を取るだけでもプチ手術。先生の他にも助手の方と看護師さん2名。なのにお会計は1万4千円ほど。MRIとエコーで1万1千円だったのを考えると安いな。

今はじんじんした痛みも治まっててあまり感じません。
若干手を上げるのがつらいです。オムツの洗濯終わったけれど室内物干しに干すのは諦めて明日低いところに干そうっと。お弁当もお休みだわっ!

ま、そんな感じのレポートでした。
今はマンモトーム生検がよく行われているようですが、フックワイヤー生検はこんな感じです。
これから受けるヒトの参考になれば幸いです。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-08-17 22:53 | 専業主婦ライフ