録音する

水曜日、復帰後初めての月2回目のレッスンに行ってきました。
今回からレッスンを録音しようとレコーダーを持参。


しかもカセットテープ(ふるっ)


先生にまで驚かれました。

HDDに録音するやつとか探してたんですけれど結構するんで二の足踏んでたら母がカラオケレッスンで使ってたやつが不要になったのでもらったんです。

カセットなんてどこで売ってるんだろ・・と思いつつ、お古のテープをとりあえずもらって持参したわけで・・・

しかしこれは中々いい。
やっぱメモとか頭には入りきらない先生の弾く二胡のニュアンスは録音するに限ります!
しかも自分の音と先生の音の違いが如実に表れてる!客観的に把握できるし言うことなし!です。

今日のレッスンからB♭を習いました。
B♭って「ビーフラット」って言うのが普通だと思うのですが先生はなぜか「フラットビー」といいます。ワールドカップ、カムバックてな感じ。

そんな先生が連呼する新たなディフェンスラインにちょっと苦慮。とりあえず楽譜やポジションの書いた紙などを見ることはせず、F調をイメージしてとのぶっつけレッスンに頭ではなく体からB♭を覚えこませる、というやり方。ツネ様のいないブラジル戦級のピンチ。しかしそんなよりどころがない窮地の開き直りな気持ちが功を奏したのかフラットビーともすんなり打ち解けることができました。めでたしめでたし。

とりあえずB♭の曲として平原綾香さんの「ジュピター」の楽譜と「春よ、来い」のさわりだけを習って帰ってきました。
「江河水」に挑める日も近い!?


レッスン日記は本家HPで随時更新しています。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-07-27 21:48 | 二胡