チチ、挟まる?

今日は初めての乳がん検診に行って来ました。
市町村の乳がん検診なので1500円で触診とマンモグラフィを受けることが出来ました。
卒乳して3ヶ月ほど。まだまだ絞ればちょびっと出るんですが(笑)まぁ、そこはご愛嬌で(そうか?)

マンモグラフィて・・・

私の乳(サイズ)できちんと挟まるのだろうか?

て人多いと思います。そして痛いのか?ってこと。
がっつり挟まれて撮影しないと(しかもできるだけ薄く、て部位的に適しない言葉だと思いません?)いけないらしいので想像するとかなり痛そう・・・て誰もが思うはず。

そんなこんなで検査開始。

マズは触診。女医さんにもまれしごかれ・・・てのは冗談で結構あっさり終わりました。
案の定絞れば出てくるチチ汁に対してはコメントいただきました。
まぁ、そのうち止まるでしょうが、止まらなければ受診してください、とのこと。大きな問題はなさそうです。

そして今回のメインイベント?、見せ場?いや真打登場?のマンモグラフィ。
少しの照れくささもありつつ『ちゃんと挟まるんでしょうか?』と非常に気になっている点を聞いてみたりして・・・

「大丈夫ですよぉ。男性もできるぐらいですから

と、フォローなんだかオンナとしてアウトな烙印を押されたのかわからないコメントを頂き、ホッとしていいのかムッとしていいのかわからない気持ちを引きずりながら号泣するこあっきぃを残し撮影室へ。

結果

(チチ挟むのに)非常に苦労されてました(苦笑)

私は機械に覆いかぶさんばかりの体制になったり、力入れたり抜いたり。
斜め60度に挟まれるのと上から挟むのと2方向からそれぞれ2枚ずつ撮影。

痛みはチチを挟まれるそのものの痛みより、チチの付け根とかそゆところから寄せてググっとひっぱられたりしてる方の痛みの方が強かったです、がガマンできないようなもんじゃないです。
胸が大きい方が痛くなさそう・・・と想像していましたが、うすーく伸ばさないといけないので肉厚の胸にかなりの圧を掛けて挟まれることになる為それはそれでいたいのかも。
ま、こんな揺れないチチを持つワタクシが語るこたぁない分野なんですが。

結果は一ヵ月後。


メディアでは30歳以上の若い女性にも乳がん検診をガンガン促しておりますが、今日の参加者を見ている限りは閉経していると見られる年代50代後半~(か?)が多かったデス。
さらに自分で触ってみてシコリを感じて、て方もチラホラ。
ちまたの乳がん検診啓発運動の浸透度ってそんなもんなのかも!?
もしくはCMにあるように「乳がん年齢は自分にかまってられない年齢」なのかもしれませんが(育児、仕事に大忙し)

が、しかし自分の身を守るのは自分。
みんなでレッツトライ!

来月は子宮がん検診です。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-06-14 00:20 | 専業主婦ライフ