ご近所づきあい

うち、ご近所付き合いはかなりうまくいってる方。

もちろんご近所の付き合いは


浅く・広く


であることは言うまでもない。

ま、幸運にもとても気が合う人がいたらラッキーですが、距離的に逃げられないだけにどんなに仲良くなっても一線のようなものを意識しておくことは大事です。

わかりやすく言えば、私がご近所づきあいでこれはやめよう!と思ってること。


アポなしピンポン


・・・こないだされましたけれど、マジビビりました。
ほぼ初対面のヒトに。
まぁ、いろんなヒトがいるんで、興味深かったですケド。


それはさておき・・・・
さらにご近所の友達というのはそれ特有の注意も必要。
なんたってお互いの生活が丸見えなので変な見栄とか、変に経済格差とかがあるとねたみとかの原因になりかねないし、お互いの収入の部分とかお金の話は受け取る人間によって印象がすごく変わるので私も注意してます。
会社の友達とかだとそいう生活感をお互い見る機会もないので(話さなければ)うまくいくようなところも、生活が見える、というのはベース赤裸々な部分からスタートなので意識的にグレーゾーンを設けておかないと(自分にも相手にも)ずかずかと生活に踏み込むことにもなりかねないので、付き合っていく中で距離感とそのグレー具合を計る必要もあると思います。

幸い私は幼馴染が一人住んでいたり、かなり気が合う人がいたり、隣の奥さんもいい人だったりするので毎日退屈しません。
卵一個なければメールして『貸してー』と気軽に言い合える関係です。

そいやこないだ話していて隣のご主人は芝生管理の勉強の為ゴルフ場で勤めていたという情報を得ました。


ラッキー!!!


それ以来芝生のこと、色々教えてもらってます♪


持つべきものはいい隣人
心がけることはいい隣人であれ、てこと。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-06-03 17:07 | one-story house日記