どうする、どうなる!?

こないだレッスンに行ったら、「いずれ自分が二胡の先生になる可能性」についての話題になった。

こんな自分が・・・ということはとりあえず置いといて、今の先生が抱えているジレンマや二胡教室の現状みたいなものを伺ってみると、それを一つの目標としてこれから頑張ってみるのもアリかな、、と感じた。

そうなると中国での検定試験も受けていきたいし、もっともっと色んな曲をやっていきたい。
二胡の管理・メンテナンスについてももっともっと勉強しないといけないし、楽譜ももっと読めるようにならないと・・・(実はこれが一番苦手・・・。難しい楽譜は唄えるようになってから弾いてます(汗))

ワタシの知り合いにフルートを教えているヒトがいるが、演奏活動の傍ら行っている教室の苦労、演奏活動自体への焦りなどを聞くと、狭い世界だけにここで揉めたくはないなぁという思いもある。

会社勤めでは組織に属しているという安定感はあるものの意に沿わぬ業務も組織の一員としてやらねばならない・・・という苦労があるが自営業は好きなこと、または自分で選んだこと(それが世襲でやらねばならなかったことだとしても)を仕事にできるよさはあるものの、なんの保障もない、自分だけが頼り、という不安定な立場・・・という苦労がある(なので尊敬する、自営業)

まぁ、先生も思いつきで言っただけかもしれないけれど、先生のサポートを受けなら目指してみるか、もうちょっと先に考えてみるか(20年後とか)


まだ先でいいのかも・・・とか悩みつつ、とりあえず毎日の練習時間が増えたあたり、かなり意識しているのかも(笑)
[PR]

by kei_pmpark | 2006-05-26 09:01 | 二胡