どんな子供に育って欲しいか

少し前にTVで紹介されていた意識調査。

別に海外の子供がどう考えていて、それに対する日本の子供の意識のズレっていうのをどうこういうつもりはないんだけど、なりたい生徒のタイプ一位が「クラスの人気者になる」っていうのはかなり驚きでした。

記事には「勉強熱冷めた日本」なんてあるけれど、別の番組で親に同じ質問をしたら、9割近くの親が「クラスの人気者になる」っていうのを答えていたので、問題の本質はそこではない気がする。
現在の教育の現場で起こる事件を見ていると、今の日本の子供も、その親も、勉強よりもクラスで孤立したり、問題を起こしたりすることを恐れているじゃないかと思ってしまう。

しかし勉強が出来るから、スポーツができるから、リーダーシップを取れるから、クラスの人気者になる・・・つまり結果論として「クラスの人気者」になるのならわかるんだけど、目的が「クラスの人気者」になってる気がして凄い違和感があるのは私だけでしょうか。

別に他人からどう思われようがいいじゃん、と思ってしまう私ってすごい乱暴者?
ヒトに嫌われるよりはヒトに好かれるようなヒトではあって欲しいと思うけれど、それは好かれて欲しいというよりはヒトに好まれるような魅力もしくは良心ががある人間になって欲しいというだけであって、ご機嫌を取ってまで、または嫌われてるんじゃないか、とかいうことを
気にするような人間にはなって欲しくない。

「クラスの人気者になる」をあげてしまう気持ちは、クラスでいじめられっこになって欲しくない、または問題を起こさないでうまく学校生活を送って欲しいという希望の裏返しなのではないかと思うと、今の親達が子供の学校生活においていかに「疎外される」ということに恐れを抱いているか、ということではないのか。
子供時代はそうとわからなくても、その時の人間関係なんて長い人生の中で一過性のもの。
それがわかるからこそ、それも大事かもしれないけれど一生をかけて自分が懸けたいもの、学びたいものを見つけて欲しい。
その為の勉強なり大学なりが必要なら努力して頑張って欲しい。

ま、私ならそう願うんだけれど
[PR]

by kei_pmpark | 2006-03-21 22:07 | 育児ライフ