海外ドラマ

2006年になって、ケーブルテレビでも海外ドラマ新シリーズが目白押し。

まずお待ちかね!ってのがもちろん『SEX AND THE CITY』。
いよいよ最終シーズンでっす。すごい楽しみ。

そいやこないだBSでやってた「ペリカン文書」を見ていて発見したのですが、ミランダ(シンシア・ニクソン)が出演してたんですね。「ペリカン文書」はデンゼル・ワシントンもジュリア・ロバーツも好きだから良く見ていたけれど、まったく気づきませんでした。
でもミランダ、若い。てかあんまり地味だったのでホントびっくり。まぁ、役柄的に派手じゃ困りますけれど。

『ザ・ホワイトハウス』も2シーズンが始まります。
しかしホワイトハウスは扱ってる舞台が舞台だけに一回見ただけだといまいちわからない部分多し。こういうときはファンサイトとか公式サイトのストーリー紹介とかを利用。あぁ、、あれはそういうことだったのか、、とちょっとだけわかることができます。

あと私が期待していたのが新ドラマ、『WITHOUT A TRACE~失踪者を探せ~』。
前評判高そうでかなり楽しみにしていたんだけど、何故か吹き替えの中に大阪弁のキャラが・・・。。。

どういう意図なのかわかりませんが、関西人からしますとこういうの実はかなり「しらける」・・・
1時間で発見されるストーリー展開にもなんかムリがある気がして、このまま見続けるか疑問・・・の第一回でした。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-01-23 23:39 | 専業主婦ライフ