仕事辞めて一周年記念

私はおととしの年末まで職を持ち、年明けと共に有給消化に入ったので実務的に言うと昨年の年末で仕事を辞めて1周年を迎えたことになる。

それから2ヶ月ほどプラプラとしてこあっきぃを産み、現在に至るけれどその中でも何度か「仕事を続けていたら」と思うことがあった。

前の職場で一緒に働いていた先輩とは今でもよくメールのやり取りをしているのだが、その人の下で好き勝手にやらせてもらっていたせいか、職場の居心地も大変よかったし楽しかった。
仕事をする上での大変だったことやプレッシャーもあったかもしれないが、そういうことは忘れてしまうのが人間の記憶のよい部分であり悪い部分でもある。

しかし年が明けて、もし復帰することになっていたらあと3ヵ月もしたら復帰だったのかと思うと、やっぱりこれでよかったかもしれない・・・と思うようになった。
こあっきぃの心臓に毛、、じゃなく穴が見つかった時も、やっぱり仕事辞めといて良かったかも・・と思ったけれど、成長著しいこあっきぃが一番かわいい盛りで、新年に家族で集まった時もどんどん大きくなっている姪たちを見ていたら、今のこの時期も一瞬で過ぎる・・・焦って仕事に戻らなくてもゆっくりゆっくり成長を十分楽しんでから復帰しても遅すぎることはないと思えたからだ。
こあっきぃが3歳になっても私はまだ35歳手前。まだまだイケる(と思う)。
きっとその頃は段階の世代の定年ラッシュも終わって人手も不足してる(かもしれない)。

幼稚園の義務教育化とかも言われだしてるし、子を持つ母への雇用の場も広がってるかもしれない。

その日を楽しみに今はもう少しこあっきぃとの生活を大事にしてみようと思う。
[PR]

by kei_pmpark | 2006-01-05 00:16 | 専業主婦ライフ