初めての国語辞典

国語辞典を使った学習というものを以前テレビで見て、話すのと聞くのが若干イマイチなコアッキィの国語力をUPすべく、辞典を買ってきました。

c0051759_2242291.jpg
国語辞典については色々と調べてみたのですが、実際にコアッキィに見せて選ばせました。

ワタクシ的にはこちらの辞書ももう一冊が候補だったのですが、「デバック」という言葉があった方でもあったこちらを選んでくれてナイスチョイス(オットゴメン)!!

(デバック=バグ=オットの一番嫌いな言葉)

買ってきたら、カバーをすべて捨てて、すぐ引けるようにすること。

付箋を用意すること


国語辞典学習法では、自分が調べた言葉のページに付箋を貼ります。付箋には通し番号を付け、引いた言葉を書きます。

まずは開いたページで気になる言葉を調べてみる。
次に調べたい言葉を引いてみる。
部屋にあるものを順番に調べてみる・・・などなど。

まだ辞書の引き方がよくわかっておらず、いやいやいやいや、とそばで見ていて思うこと多しですが、確かに付箋を貼るという行為が「やった」感を刺激するようで、辞書を引くのを楽しんでいます。


かつて我が家には「広辞苑」があり、姉がよく分からない言葉や気になる言葉を引いていました。
結婚してから「広辞苑」を購入したことはないのですが、私もまた欲しくなってきました。

PC版ではなく、昔ながらのあの分厚い本を。
[PR]

by Kei_pmpark | 2011-12-16 22:46 | 育児ライフ