乳房ケア

前回の育児の時もそうでしたが…

あふれるほどの母乳がでるわけではないワタクシの乳房。

元々左のおっぱいはすこぶる飲みにくく、こあっきぃには最後に拒絶されしぼむ始末。

卒乳後の乳がん検診でひっかかり、生検で乳腺のいくらかを摘出したのもあって、さらに母乳には向かない乳房に。

今回アキーニョの育児においてもできるだけ母乳で!を目指しているのですが、順調だった最初の一カ月を超えて、3カ月の頃には一日当たり25gと体重の伸びが停滞してきました。

自力でいけるかと思ってましたが、やっぱり母乳マッサージ等してもらうべき?と思っていた矢先、アキーニョの同級生ママから教えてもらった乳房ケアを行っている助産所が良いとのことで、ついに行ってみることに。

富雄にあるその助産所の元山さんは、一人一人の状態を丁寧に問診してくれ、アキーニョの母乳を飲む様子を観察し、飲んだ量を量った上で、ミルクを足す際の適切なアドバイスをしてくれた後、私の乳房のマッサージをしてくれました。

一回目ということで所要時間は2時間。
これで4000円はお安いと思います。

私は第二子で一応乳管はある程度開いているので、とりあえず2週間に1回程度通ってみましょうか、と言われました。

元山さんに言われたことですが、私は今回の妊娠・出産で高血圧+たんぱく尿にて妊娠高血圧症候群になったわけですが、これからの人生、ずっと血圧との付き合いだと考えた方がいいそう。

出産を機にそういう身体だと自覚して、上手に付き合って言ってください・・・ということなのです。

今後も朝・晩の血圧を測り、疲れた時などは血圧の変動に気をつけること、またたんぱく尿が出やすいかもしれないと思っておくこと。

つくづく出産って女性の身体にいろんな影響を及ぼすのだなぁと思いました。

人一人出てくるんだから、当然と言えば当然なのですけどね。

いやはや、母になるというのは、大変なことです。
[PR]

by kei_pmpark | 2011-04-26 20:19 | 育児ライフ