ただいま12週

自分でコメント承認制にしておきながら、そのことをすっかり忘れていたワタシ・・・・

あー、誰からもコメント来ないなぁと思っていた私は、承認リストにコメントがたまっているのを見て、違う汗かきました。焦った焦った。

コメントくださっていた皆さん、すみません!!お待たせ!!(爆)


それはさておき・・・


PTA活動もひと段落し、自分の新しい活動についてもチョコチョコ更新して行こう!と思った矢先、妊娠しました。

6月最初に分かったんだけれど、それからの蒸し暑さにやられ、ネット画面を見るのがつらく、なかなか更新できぬままいたのはこのせいもあって。


でもやっと落ち着いてきましたよ。


子宮外妊娠をした時は、今後再発の確率を考えつつも、容体急変から手術に至る経験した怒涛の日々を思いながらも、もう妊娠はしたくないとは不思議に思わなかったワタシ。

そうこうしながら子宮外妊娠してからはや5年。

卵管が片方になったとは言え、妊娠の確率が落ちるわけではないと言われながら、旦那さんの仕事の忙しさや、自分の日々の忙しさもあり、やっぱり中々妊娠しませんでした。

去年には詰まってない方の卵管がある卵巣からの排卵チェックをしてもらって、狙い撃ち(笑)をしていた時もありました。
数回でやめてしまったけれど、今思えば、妊娠ってやっぱり人知を遥かに超えたところにあるなぁというのが正直な実感です。

もちろん色々な困難を抱え、一生懸命治療している人達を否定するものではありません。

私は、自分がまた子供を産む運命なら、妊娠するだろうし、しなかったら、そういう運命なんだろうとおおらかに思うことにしてました。

だからといって、このまま妊娠しなかったら、将来子作りに頑張らなかったことへ後悔する気持ちになるだろうか・・・と思わなくもなかったですが、新しく始めることを成功させたら、きっとこれが自分の人生だったんだ…と思えるだろうと思っていました。

どういう結果になろうと、今、できることをやっておくしかないなぁという気持ち。

義両親の問題もなんでもかんでも。


まぁでも、さすがに今年一杯で出来なかったら、次のことを考える為にも、子作りは終了しよう、と話していた頃・・・妊娠。

こあっきぃが6歳になる時にアキーニョは生まれます。

自分が色んなことを始めようとした矢先の妊娠でしたが、そのことについての「あーぁ」感は全くありません。

なんでも後回しにできるけど、「妊娠・出産」だけは今しかできないことだしね。

それに去年一年のさまざまな経験が、私に「チャレンジするのはいつからでもできる」という強さをもたらしてくれたのかも。

しかし、マル高。

体力的にもちょっと心配(笑)
[PR]

by kei_pmpark | 2010-07-22 11:20 | 第2子*妊婦ライフ