新しい二胡が欲しい

久々の二胡日記。


今現在、my二胡ちゃんは、メンテナンスの為、先生のところで入院中。
経年劣化というやつでしょうか、弓によりこすれて薄くなってしまった部分があり、ヘビ皮を傷めるので、張り替えていただいているのです。


その間、先生のところの二胡ちゃんをお借りしてますが、材質は私の二胡より大分高級。

私の二胡は、材質的には普通・・・なのかな。一級ではありません。

その当時はもちろん音色も気に入り、その時の自分の腕に相応だと思い購入したのですが、やっぱりいい二胡、というか憧れの材質の二胡ってのはあるんですよね。


いつかはクラウン・・・

みたいな(ふるっ)


my二胡は、出しずらい音ってのがあって、微妙にその音になると心地よく響かないので、自分で指で探してしまって、音が定まらない・・・というか定まりにくい部分があります。
弓や本体、そして弦や駒、あらゆる部分が微妙にバランスを取り合って響いているのですから、少しの違いでかなり変わるわけです。

そして今お借りしてる二胡は

非常に音が出やすい
そして弾きやすい。。

他人のラケット借りたら、むさ飛ぶ気がする・・・

っていうのはテニスでもよくあることですが、大抵打ち慣れたら、やっぱり自分のラケットがいいって、結構わかるんです。
しかし二胡の場合、弾き込んでいるのですが、やっぱりどう考えてこっちが弾きやすい。

そうなると、ムクムクと新しい二胡が欲しい気持ちがわいてきまして・・・


しかしこれもそれも出会いですから、先生も気に入って、私も気に入るいい二胡ってのが出てくるタイミングを待つしかない。

正直「いい二胡」の定義ってのも、人それぞれなのですが・・・

私自身、音の違いの繊細な部分を聞き比べられるほどにはわからないのですが、ただ弾きやすい・・・ということだけは明確に感じた出来事でした。


そんなことを先生にメールしてみたら、「いろんな二胡を納得できるまで弾き比べてみてください」と返信が。

弾き比べてみたい、ホントに。
[PR]

by kei_pmpark | 2009-02-13 13:56 | 二胡